秋田弁とフランス語は似ている!?

 先日、見ないと思っていたNHKで(まだ受信料は払っている・・・)『鶴瓶の家族に乾杯』を見た。何と軟弱なことか・・・・。
 地元の大仙市に来たとのことでそれはそれはと思いチャンネルをあわせた。一つのテーマは秋田弁とフランス語の類似点であった。
 その証明となるのが「大きな古時計」を秋田弁で歌っているのを聴いたらフランス語のようだったというのである。そこで鶴瓶師匠と滝川クリステルと二人で探してみようという展開だ。その間に地元の色々な人との出会いがある。
  番組の中でその「大きな古時計」の秋田弁バージョンが流れた。本荘方面出身の伊藤秀志さんが歌っている。
 ぜひともCDが欲しいと思い探したがすでに発売中止。中古でも7000円前後する。粘り強く探したら伊藤秀志さんが出した『御訛り』というCDのアルバムを発見。
「世界初!!究極の癒し系方言アルバム誕生!!あの名曲を訛ってみたらこうなった!!」
とある。なんとも「!!」マークが多いのだが早速購入。もちろん「大きな古時計」も入っている。
 その他は「夢の中へ」「東京」これは秋田の生んだ偉大な(かな?)マイペースの歌「赤ちょうちん」などオリジナルも含めて全12曲。
 オリジナルの歌詞とZU-ZUバージョンの対比された歌詞カードを見ながら聴いてみて感じるのは「秋田弁は完全な外国語だ」ということである。生粋のネーティブAKITA人であるボクでもボヤッとして聴いていると意味がわからなくなってしまう。普通に聴けば問題はありませんけれどね。「案山子」という曲では
「とじぇねぐねが じぇんこたがでるべが」
と、いう歌詞が出てくる。「たがでるべが」は使わないなぁ、由利方面の言葉だべなぁと思いながらフフフと思いながら聴いた。意味は
「寂しかないか お金はあるか」
ですね。
 看板に偽りなし。おそらく、このCDを寝る前に聴いたら癒やされること間違いなしだ。
NHKの宣伝ではありませんが来週は『鶴瓶の家族に乾杯』の後編になる。1月のロケだったらしいので豪雪の状態が確認できるだけでも必見です。
  とじぇねぇな呑み助戻ったハンデにはサッとのごしたサゲこのコップ

これは書いておきたい。
YGでデビュー当時は「マジソン」と名乗っていた投手のことだ。デビュー当時ガンガン打たれて「こんな選手を連れてきて、マジ損だ」と言われたとか言われないとかで「マシソン」に改名。そこが何だかYGは変なのだ。
 マジソンでよかったではありませんか。マジソン・スクエアガーデンという有名な場所もあるらしいし・・・。もっともスペルは違うらしいがそんなことは問題じゃありません。
 問題は我が社のK君が言う「YGは紳士の球団です」という若いファンの心を踏みにじっていいのかよ。と、言うことである。まぁ、どうでもいいんでけれどね。
  と、言うわけでせっかく阪神がYGに三連勝して酒っこが旨いなぁと思っていたのがこれで一気に呑みたくなくなったぞ。
 中日にはがんばってもらいたかったが今宵はこけてしまった・・・。まぁ、そんなもんでしょう。
 これにて本日のブログは終了です。


コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR