東京都知事候補の節操


大雪一休み

 今朝は午前5時過ぎに起こされて除雪作業。
 ところで除雪のことを秋田ではどう言うのか職場で話題になった。
「雪かき」そんなしゃれた言葉は我が家の付近では使いません。
「雪(ユギ)よせ」これは使いますねぇ。
「雪(ユギ)投げ」これもしょっちゅう使います。
 ところでこの「投げる」というのは「ゴミを投げる」と言うのが秋田弁の標準語。ゴミを捨てるということなのだが「ゴミを投げてきて」と頼むと秋田県以外の人は驚いた顔をする。
 まぁ、宮城弁でバスから降りる人に対して車掌さんが「先に落ちだ人が,死んでから降りてください」よりは良いかもしれない・・・。五十歩百歩ですね。

 そんな雪投げを朝からやっていたら除雪機が軟らかな雪につかまって二進も三進もゆかなくなった。キャタピラーが空回りするのだ。お手上げだなぁと思いながら本体の腹側の雪をかきだして何とか動かした。これにかかった時間が20分。

 雪投げは活動のエネルギーを奪ってしまう。1時間動くとぐったりして一日の仕事がそこで終わってしまうくらい疲れるからだ。
 この冬も峠を越えるまではもう一ヶ月半の辛抱だが,その長いこと・・・・。愚痴は言いたくありませんけれど漏れてしまいます。
 今朝はマイナス6℃以下。見事な青空が見え、雪の白さが一層映えるのです。でも、恨めしさがあります。



節操の無さを露呈

 東京都知事選。脱原発を訴える前首相が登場。脱原発はオッ良いねぇと思う。しかし、その後の政策はどうなのか・・・。
 また、自民党を除名された男がダントツで当選街道まっしぐらと予想される。その人に自民党は応援するという。応援される方も応援する自民党も「節操」というものがない。都知事選で自民党が負けると今までの暴走が国民から嫌われていることの証拠になるからだろうが非道い話だ。
 東京都知事選は今後3年間国政選挙がない中で民意の貴重なリトマス紙だと思う。特定秘密保護法、原発再稼働へ前のめり、TPP、アベノミクスなどに対する批判票がどれだけあるのか興味深い。
 さらに言えば名護市長選も注目である。

   節操も誇りも何も感じない都知事候補の支援政党


わかちゃんです。最近、両手を持ってやるとジャンプをしようとする。少し、重いのだがトランポリンのようにジワッと着地させてやると大喜び。ジジバカも楽しみです。
と、言うわけで本日のブログは終了です。それにしても雪投げは疲れますねぇ。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR