少しの旅へ


春の小川

 まだ、校舎脇には雪が積もっている。それでも春のやわらかな日差しもある。外を見ると田んぼの小川は少しずつ水が温み始めている様子が見えた。そんなイメージを1枚。


Gの悲劇

 一瞬、アレッこんな場面を見てもいいの(°◇°)~ガーン。と、思う映像が流れた。2011年4月26日。ヤクルト対読売のゲーム。ヤクルト石川、読売東野の投げ合い。読売は坂本の先頭打者ホームランなどでいい流れの試合だった。しかし、ヤクルトも4回に田中の右翼線二塁打で追いつく。この時の打球処理で高橋由伸が左脇腹を痛めて退場。その試合では長野とかいう選手も腰に張りを訴えて交代したらしい。その選手交代後には試合の流れがヤクルトに。とうとうヤクルトは6回に逆転をした。
 さて、アッとおどろく問題の場面は7回。読売の東野が四球を出して中前安打され無死一・二塁にされた。その後、投ゴと捕邪で二死にこぎつけた。ところがその後連打されて失点。
 この崩れた場面で、なんということでしょう東野はマウンド上の土をバーンと蹴り飛ばしたのである。彼は読売のエースと呼ばれているらしい。こんなていたらくを見せて、しかも自分の最悪の精神状態を見せる失態を演じたとボクは見た。
 このことについては、どこの新聞も書いていない。しかし、今のGの状態は東野のマウンド蹴り飛ばし事件に集約されていると思う。

 昨夜の雨中の対戦でもヤクルトの由規に苦労していた。良い選手ばかりを使っているGの悲劇かもしれない。と、言うよりも東野のマウンドでの態度を制御できない限りGの悲劇は続くと思っている。
 まぁ、それはそれでいいんですけれど。


ちょっと旅に出ます

 今年は二十数年ぶりに運動部を離れた。職場の上層部はボクの年齢を配慮してくれたものと感謝している。
 これまでは土・日やゴールデンウィークはほとんどなかったとも言える年月を過ごしてきた。
 それが嬉しいじゃありませんか。今年度は休日は普通の休日になった。そんなわけでミニミニ旅行に出かけます。茨城に住んでいるバカ息子の慰問に行くのですけれど・・・。
 大地震でテレビが倒れて液晶画面が半分映らなくなった。部屋に置いた物体が落ちて散乱している。などなど、ようやく連絡がついた時に知らされた。さすがに、その状態が続いているとは思わないが激励するくらいはしてもいいと思い旅行がてら出かけます。

 ルートは福島原発の横を通ってゆく。東北道から磐越道を通り常磐道に入るルート。ついでに有名な「三春の桜」を見てみようかなぁと思っている。満開はとうに過ぎて花は散っているだろう。しかし「今だからこそ行って見る価値」はあると思っている。
 物見遊山ととられてもいい。でも、風評の地に暮らす人たちに会う旅も意義がある。

 今宵は塩竃経由でスタートです。

   春の日に旅立つ人にあこがれて敢えて向かおう風評の地へ


ブログも77777のカウンターも何時の間にか過ぎていた。読んでくださっている方に感謝である。
そんなわけで本日は塩竈の地にてブログ終了。軽くビールを飲んで明朝は茨城に向かいます。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR