愛車よサヨナラ


サーフとの別れ

 この車に乗ったのは7年前。中古で購入したときに走行距離は5万キロくらいだったと思う。某附属高校に勤務している頃だった。
 それが今では20万キロまでもう少し。秋田市まで1年半以上。角館方面に1年半。横手方面に4年間。よく走ってくれたなぁ。
 ジーゼルエンジン独特の低周波がうなるエンジン音が快適で遠乗りできた。先日の定期点検で下回りのあちこち(デフ・ブレーキパイプなどなど)が、錆などでいつ破壊するかわからないとディーラーから連絡があった。
 そう言えば昨年あたりからセルモーターが駄目になって交換。ボクの通勤時の相棒ラヂヲのアンテナのモーター交換など・・・・。一つ直すと次の修理と「ン」万円が飛んでいった。
 そして、今回は駄目になる可能性のある箇所をデジカメで撮り拡大した写真添付で「いつ、故障するかわかりません」と予告された。
「で、修理はナンボになるの?」
と、我が信頼すべき男に聞いたら
「一つ一つだと(ン)万円くらいです」
「じゃあ、しかだねナァ。一つずつ直すかなぁ」
「でも、最後にこの部分だと(ン)十万かも・・・」
「エーッ!!??」
「部品もなくなっていますし・・・」
「そうやってポツポツと修理して最終的にナンボくらいになる?」
「百万円くらいかも・・・」
「・・・・」
「本当にこの車が好きな人はナンボ出しても直すんですけれど」
こんな会話をしてボクは
「直しません」
 家人が何年前から言う。サーフは三台続いたが税金が高い、と。そんなわけでデカイ車はあきらめることにするのが正しい道かもしれない。手放すと決断した。
 さらば「77-17」である。このナンバーも引き続いて割り当ててもらった。でも、このナンバーもサヨナラをする。

 今日、あっさりと愛車(だった)サーフは去って行った。


夕方、秋田市で落語会。電車で出かけた。写真は神宮寺駅でなんだか変な親父が鉄道を撮影している様子が大きなミラーに映っている。
先ほど秋田駅前で一杯呑んで当然のごとく電車で帰ってきた。今日は寝込んで乗り越すこともなくすんなりと帰ってきました。帰りの車中で珍しい人に会った。それについても詳しくは後日のブログで。
本日のブログはこれにて終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR