運動療法です


湿った雪が

 今朝、わかちゃんを迎えに出た場所の雪景色。
湿った雪が樹木にベチャーッとひっついている。ボクの感触だがこの雪は根雪になる可能性があるような気がする。



鍛錬

 一昨日の整形外科医院のお医者さんは患者つまりボクにどんな治療をしたいか尋ねてくるとても親切な人だった。レントゲンで撮影された写真を見ながら話してくれる。

「レントゲン写真を見ると異状はないようです」
「ハイ」
「背骨から腰骨にかけて横から見ると五つの四角い骨があります」
確かに横長長方形が5段積み重なっている。
「年齢のわりにしっかりしています」
「ハァ」
ウーム。いいですねぇ。
「膝の骨も特に異状ないようです」
「・・・・」
「このすき間には軟骨があるのですが大丈夫のようです」
こんな診断をしてくれて結局膝のまわりの炎症が痛みの原因との診断。
「治療としては注射、薬、湿布などが考えられます」
「注射と薬はあまり・・・・」
「じゃあ湿布を出しましょう」
「そうしていただければ」
「サポーターはどうですか」
「それもお願いします」

 そしてドクターはボクに一つの提案をした。膝周りの筋肉を鍛えることを薦めてくれたのである。その方法は実に簡単。倚子に座って片方の足を前に付きだして足を真っ直ぐ伸ばし爪先を直角にして5秒間耐えるのである。これを20回おこなう。早とちりのボクは5×20だから
「100回ですね」
と、話したら
「???いや20回です」
とドクターは言う。
5秒間足を上げて20回なのである。そうかぁボクは100秒を100回と勘違いしたのだ。ま、それはともかくとしてドクターの前で、ちょっと足を上げつま先を直角にしてみたら実に簡単。左右両脚で200秒ほどだから毎日やりますとボクは宣言した。
 で、昨日から取り組んでいるのだが10回目くらいから腿の筋肉が苦しくなる。ウーム・・・・。それでも10回ずつトライしている。
説明書のコピーもいただいた。それによるとこの運動療法(と、書いている)に次のような説明がある。

『大腿四頭筋訓練(SLR)足首を上に反らし、膝をしっかり伸ばして五つ数え20回繰り返す。鍛えられる筋肉・大腿四頭筋、前脛骨筋 標的とする筋肉と訓練の目的 大腿四頭筋・・・歩行改善、前脛骨筋・・・つまずき防止』

 実際にやってみると前に足をまっすぐにすると腿の肉(大腿四頭筋と言うらしい)が固くなっている。そしてつま先を直角にしているので弁慶の泣き所(前頸骨筋と言うようだ)が何となく笑っている。
後期高齢者のボクには何かと役立ちそうな簡単な運動療法なのである。もう一つドクターがボソッと言った言葉が重い。
「この運動をしても劇的に筋肉はつきません。でも継続しているとアレッと思うように改善するんです」
なるほど、継続は力なりだ。これでテケテケおじさん風の歩き方から解放されるかなぁ。要するに運動不足なんですね。




漢検協会が募集した今年の漢字が「輪」に決まったとのこと。我が社のK君と予想していた。彼はほとんど予想していたのが当たった。すごいなぁ。安倍首相が今年の漢字を「夢」と言っていたがボクは「秘」だと思うのだが・・・。昨日も自民党幹事長の石破氏が「特定秘密保護法 報道機関も処罰対象になりうる」と会見で話したとのこと。
その後慌てて(パフォーマンスだろう)訂正したらしいが、テロ発言などを考えても本心であることは間違いない。麻生副総理のナチス見習いたい発言、安倍首相の見せかけ反省態度など・・・。本当に怖い状況である。
そんなわけで本日のブログはこれにて終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR