「沈黙は金」でない時もあります


日が短くなっています

 夕方、午後4時を過ぎると暗くなってきます。美術の教科書に出てくる遠近感の模型のように四角の廊下は遠くで一転に収束する感じが寒くていいですね。
 そんな季節になりました。



スポーツの力を信じて

 先日、ブログに次のようなコメントいただいた。「町や空に」さんからである。
「10日の毎日新聞のコラム「余録」にすごいことが書かれています。A県の陣笠議員のことが書かれています。 投稿者 町や空に」
 で、早速毎日新聞の2013.12.10付の「余禄」を確かめてみたら元プロ野球選手のことが書いてあった。誰だか氏名はないので秘密であるのかも・・・・。「余禄」をボクの勝手な感想を入れながらまとめると次のようになる。

『「沈黙は金」である。それに対する言葉として「雄弁は銀なり」がある。何も言わずに黙っていることは優れた雄弁よりも大事だという意味で使われてきた。日本では「言わぬが花」とか「言葉多きは品少なし」のことわざがある』

 確かに「黙っていようぜ」というようなことわざはボクのような「無口で内気で訥弁」な人間としてはとても大切な言葉だと思っている(た)。
しかし、と余禄氏は言う。

『異なる考えを持つ人々を尊重することで成立する民主主義の社会では「沈黙は」時に発展の障害となる』

 世論調査(別名世論操作という人もいますが)の回答で結構多いのが「どちらとも言えない」である。ボクはいつもこの回答を見ると「どっちかにしろよなぁ」と思うのだがそれはボクの傲慢かもしれない。でも、「どちらとも言えない」は一種の沈黙かもしれないと考えていた。

そして、余禄氏は
『今回の特定秘密保護法保護法について、やむにやまれる気持ちから参加したデモを、巨大与党の幹事長から「テロ」呼ばわりされた人たちがいる。声を上げないことを賛同とみられることを恐れ、行動に出たのだと思う』

 声を上げない(声を上げさせないとも言えるが・・・)賛同と言えば総選挙の時に同時に行われる最高裁判事の国民審査がある。あれは無印の場合OKという意思表示とのことだからボクは一応彼らの業績に目を通す。もしも一票の格差が違憲であると判断した裁判官だったら×を間違いなくつける。もちろん、それはボクの判断です。
 現行の制度では無印は意思表示なしでカウントしない。○か×の意思表示だけをカウントして審査すべきだと思う。どんなに投票率が低くても議員は当選する。しっかりと判断を下さない判事だって少数の審査結果で判断しても良いと思う。

余禄に帰る。
『俳優や映画監督の多くが基本的人権を脅かす恐れのある法律に不安や疑念を口にした。しかし、一方でスポーツの組織や選手らの声はほとんど聞こえてこなかった。スポーツは政治とは無関係と思っているのか。内心では反対と思いつつ、あえて「政治的中立」を保っているのか。
スポーツは戦前国家による思想善導の手段として利用された。戦後大学闘争時代には体育会系の学生は当局側に立った。
秘密法案の採決が強行された5日の参院特別委員会で質疑打ち切り動議を提出した自民党議員は元プロ野球選手だった』

 たまたま、このニュースを見ていた。動議を出した議員の名前を委員長が呼んだ
「石井浩郎(いしいひろお)くん」
アレッこれは秋田県出身の元プロ野球選手だ。何のために議員になったのかと不思議に思っていたがこんなところで役に立っているんだなぁと思った。多くの反対者の反感を買った人である。残念。秋田県有数の進学校出身。後輩たちもさぞや嘆き悲しんでいるのではないかと想像しているのだが・・・。

余禄のまとめです。
『エネルギー問題でも憲法問題でも態度を明らかにしないスポーツ人。だが、社会に与える影響は本人たちが思っている以上に大きい。3.11後の被災地における献身的な活動を多くの人が覚えている。「スポーツの力」を信じたい』

 政治家たちはスポーツ人を利用する傾向がある。戦前のドイツの五輪は典型だろう。モスクワやロス五輪のお互いのボイコット。今回の東京五輪招致だって政治的においがぷんぷんする。そうでなければ五千万円男が居座ろうとする意味がない。政治とスポーツはお互いにおんぶにだっこの関係かもしれないとボクは感じていた。だから有力選手ほど声を出さない。出せないのかもしれない。それにしても秋田県出身の元ブロ野球選手は情けないなぁ。

 余録にあるようにスポーツの力は大きい。いい選手の条件の一つはアンテナの高い選手だと思うのであります。
とても参考になる資料を紹介いただき感謝感謝です。

  目配りと気配りできてアンテナの高きスポーツ選手に期待


本日はこれにてブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR