新聞のバッグ再び


やっぱり赤ヤマボウシ

 何だかドンドン花が大きくなってくる。今が最盛期なのだろう。赤ヤマボウシは梅雨空に上品な桃色をつけている。何だか親バカですけど・・・。


新聞エコバッグ

 新聞紙で作ったバッグを持ち歩いているうちに職場で作り方のワークショップを開いた。つまり簡単な説明会。そのうちに生徒会顧問から

「文化祭でエコバッグ作りをやりませんか」
「ウーム」
「家庭クラブと合同でどうでしょう」

引き受けることにした。

 我が職場の文化祭は間もなくである。先週から家庭クラブ員(男子もいる)とともにバッグ作りをスタートした。。文化祭当日に来訪いただいたお客さんにプレゼントするとのことで目標100セット目標。講習会ではないので1個1個作っていては時間が足りない。そこで製作の過程を分けることにした。

 初日は台紙作り。2日目は昨日できた台紙の折ってバッグの原型を作る作業。3日目になってからバッグの底(ソール)を作ることにした。この底を作るのも新聞紙でやったので時間がかかり4日目に突入した。そして、5日目は取っ手部分の補強を兼ねて糊付け作業を黙々と。それで先週1週間終了。実働部隊12~13名ほどで100セット作ることは何と大変なことか。
 折り紙がなかなか上手にできない。これはある意味作るメンバーの個性だと思う。だから,できばえが妙にバラバラなのが面白い。さらに一つ一つのバッグに特徴が出てくる。

 そして、いよいよ今週のスタートは取っ手を実際につける作業になった。実際には10セットほどでタイムアップ。残りは明日以降だ。それでも製品になった新聞エコバッグを見た諸君はニコニコと笑顔になる。
 やはり、生徒諸君にとっては長く見えないトンネルを抜けたような気持ちだったのだろう。ボクの持っているバッグが基本だから,できあがり図はわかっている。作ろうとするイメージもできていただろう。しかし、本当にバッグができるのか不安になっていたのかもしれない。それが形になったのだから嬉しいに違いない。と,ボクは考えていた。本番までは間違いなく100セット完成になる。

 できあがったバッグを5種類並べて写真を1枚。

 そうそう、この文化祭のワークショップのために取説を家庭クラブ員でもあり美術部員でもある子が図入りで書いてくれた。これがとてもシンプルで良い。PDFファィルにして永久保存だ。

   古新聞折って作ったエコバッグ文化祭に笑顔見せてよ


【本日のワイルド・メモ】アオサギ・チュウサギ・カラス・カワラヒワ・スズメ・シジュウカラ・ムクドリ・オオタカ・ハクセキレイ



さぁ、今週もスタート。梅雨特有の蒸し暑さである。夕方から雨。そして、本日は暦の上では夏至。少しずつ夏本番に近づいてくる。さぁ、今宵もビールは封印して体調の維持に努めよう。真面目です。これにてブログ終了。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR