秘密保護法案に異議あり


不穏な天候

 最近、冬型の気圧配置である。朝や夕方は時々光芒が見える。今朝も平鹿平野の向こうに大きな光芒が見えていた。こんな時は不穏な天候である。気持ちだけは前向きにしなければと考えている。



反対の声が大きくなってきた

 まだまだ日本は捨てたもんじゃないなぁと思っている。それは昨日おこなわれた特定秘密保護法案に多くの反対の人たちが声をあげてくれたことだ。

 これまでも小さく(いや、かなり大きく)マスコミに最悪の法案だと取り上げられていたのだが国民のほとんどが知らないとの世論調査が出たりして驚いていた。
これは戦後の保守系政治家たちの方策の一つ国民の目線を政治から遠ざけることが功を奏しているとも言えるのだろうが・・・。
 そんな国民のほとんどが知らないような中味が最悪の法案をひっそりと通そうとしていることが問題の一つだ。

 消費税ならば自分に直接関与するから国民は興味関心を持つのだが「特定秘密保護法は処罰されるのが公務員だけで,私たち一般人は大丈夫」と思っている人も多いかもしれない。
 だが、今朝の朝日新聞に落合恵子さんが一般の人たちにも密接に関係していると語りかけている。例えばこれまで福島原発の事故では情報の隠蔽が頻繁におこなわれている。この法案が通れば原発情報はテロに関与するので「秘密です」と言われたら原発の様子が今以上に国民の目から遠ざけられてしまう。政治家や電力会社の思うようにされてしまう可能性がある。

 さて、本題だが昨日の朝日放送テレビのニュースステーションを見ていて「オッ」と画面に目をこらした。それは特定秘密保護法案に反対する大規模な集会が全国で10ヶ所おこなわれた内容だったからだ。東京では1万人の州会になったそうだ。
 こんな大規模な抗議行動は最近聞いたことがない。「がんばれ」とテレビ画面に念力を送ったのであります。ボクは念力や超能力を信じていませんがせめてもの気持ちを伝えたかったのであります。

 当初は昨日衆院を通過させる予定だったらしい。しかし、与野党の修正協議(まったく茶番なのだが・・・)で時間が使われているらしい。要するに密室談合である。
本当の話し合いをしなければいけない国会の特別委員会は歌手と同じ名前の森何とか大臣が閑散とした委員会室でわけのわからない答弁をしているだけのようだ。
 NHKの幼児番組ではありませんが「本末てんとう虫」である。こんな人たちを選んだのは国民。 

 そうそう、こんな意見もありました。一昨日、最高裁は衆議院選挙を「違憲状態」との判決を出した。「違憲状態」とはどんな状態なんだろう?今朝のラヂヲ番組で次のような会話をしていた。
「違憲状態って?」
「犯罪で窃盗をした時に窃盗状態って言いますか?」
「そうですよね殺人があった時に殺人状態と言いませんよね」
こんな内容だった。
 窃盗でも殺人でもはっきりしていなければ裁判にならない。
一票の格差が違憲だと言うことは交際ではすでに司法で判断が下った。そして選挙は無効であるとも判断された例がある。
それが最高裁にゆくと突然腰折れになってしまう。三権分立なんて嘘っぱちなんだろう。裁判官たちは政治家に取り込まれているのではないかと思えて仕方がない。

 百歩譲って一票の格差が違憲状態だとしよう。その状態で選ばれた国会議員が特定秘密保護法案のような欠陥だらけの法案を通そうということが不思議だと思わない方が不思議である。

 どんどんボロが出てくるのだが通るんだろうなぁ。いずれこんな状況でも、めげずに少しでも声を上げてゆくしかない。



東京五輪を誘致した功労者?の猪瀬東京都知事が5000万円を医療法人徳州会から借りていたことが大問題となっている。猪瀬氏の焦っている顔がテレビ画面に映っているのだが5000万円という大金をどこの場所で借りたか思い出せないような話をしていた。まったく呆れてしまう。
と、言うわけで本日も腹立ちながらブログはこれにて終了です。
先日の雪はほとんど消えたので明日の日中は冬の準備をせっせとやらねば・・・。さぁ、早めに休みます。これにてブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR