角館でホンジを探す


お詫びと訂正

 まずごめんなさい。6月26日のブログで「マイケル・ジャクソンの思い出なんかないけれど」と書いた。
 その中で「エボニー・アンド・アイボリー」がポール・マッカートニーと作ったなんて勢いで知ったかぶりを書いた。ところがどうも違うなぁと思ってユー・チューブで調べたら案の定間違っている。スティービー・ワンダーとのコラボだった。
 まったく。ユー・チューブであらためてこの曲を聴いてマイケル・ジャクソンとは全然違うと反省している。
 やっぱり知ったかぶりはいかんなぁ。



自転車で歩くと

 角館の町を自転車でフラリと。銀行に行くついでに角館の町をフラフラと自転車をこいでみた。
 まず、すぐに目についたのがお寺である。お寺の名前は「日蓮宗学法寺」と書いている。ボクの宗派は曹洞宗である。だけど、とあるカルトの宗教以外のお寺には敬意を表している。死者を弔い生者を敬うからだ。哲学の世界。それがまぁ・・・。オーッと話が変わりそうだから戻そう。
 学法寺の前を通ると歌碑がひっそりと建っている。読んでみると

「おのづから 心平らになりゐたり 学法寺なる おくつきに来て 茂吉」
 
 アレッ斎藤茂吉の短歌だ。写真におさめた。残念ながら茂吉の名前は草花に隠れて見えにくい。しかし、確かに茂吉となっている。当時の学法寺での「しんとした風情」が漂ってくる。そして、学法寺に到着するまで何があったか知らないが揺れ動いてた茂吉の心はゆったりとなったのだろう。良いなぁ。
 さすが文化の町角館だ。斎藤茂吉が訪ねてきたんだろうなぁ。ここまで書いて隣の学校角館高校を思い出した。角館高校校歌がアララギ派の島木赤彦作詞、斎藤茂吉補作になっているのだ。
 と、言うことは斎藤茂吉は角館に来ているってことなんだろうなぁ。その経緯などよくわからないので気が向いたら調べてみよう。

 そして、角館町の観光案内所へ。以前、我が社に勤めていたOさんがいるはずだ。自動ドアを開けて入ってゆくと、オーッいるいる。笑顔に迎えられて角館町の案内地図をもらって軽くあいさつをして別れた。

 次には「なんでも売ってるイオ屋」へ。店先には子供用の虫取り網や、熊よけの爆竹などが売られている。何だか知らないが三度笠まである。店に入るかどうか何度か逡巡して思い切って店の中に入った。入ってすぐに熊よけ鈴がたくさんある。山菜採りシーズンだ。売れてるんだろうなぁ。
 仏壇用具なども売っている。もっと奥にも何かありそうだったが探検はやめた。結局、沖縄の無添加黒糖飴一袋買って店を出た。150円なり。これが甘みおさえめでうまい。
 しかし、残念ながら「ホンジ」は発見できなかった。おそらくもっと店の奥に置いてたかもしれないなぁ。ボクには絶対に必要なモノだが・・・。内気なボクには一歩踏み出せなかった。
 自転車でフラリ職場の周辺を歩くのもおもしろい。

     6月も末の暑い日にこぎだそう
        歴史を探る? 自転車フラリ


日本一に?

 今朝の新聞を見て「オーッ」と内心喜んだ。喜んだ内容は2点あるが1点については封印。そして、もう一つはここに公開。これは喜んでいいのかどうかであるが・・・。
 それは昨日の日本全国の最高気温日本最高の座にとうとう角館が座ったことだ。34℃だったとのこと。一昨日は34.5℃だったが京都府舞鶴市に負けた。しかし、昨日はとうとう1位になったのである。ちなみに34.5℃は6月中に秋田県で観測されたこれまでの最高気温らしい。
 なるほど「みちのくの小京都」と言われるくらいだ。暑さ寒さも京都に似ているんだなと少し納得。
 それにしてもすごいなぁ。あの暑い日にバレーボール少女たちは体育館で必死に練習していたんだ。間違いなく日本一の暑い体育館でトレーニングしていたのだ。強くなれ少女たちよ。


文化祭の余韻も今日でお終い。明日からは通常の日々に。と、言うよりも7月ですねぇ。本日のブログはこれにて終了。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR