文化祭レポート


暑い熱い一日

 まずは昨日の驚きの高い気温について。
 本日の昼休みに「つた食堂」に冷やし中華を食べに行った。つた食堂は職場から歩いて約1分。交差点の角にある小さな食堂。食堂のオヤジさんとの会話。
「学校は代休ですか?」
とオヤジさん。
「ハイ」
「休みになればつた食堂はあがったりです」
「んだんすか」
出前がなくなりますからねぇ。そして
「昨日は暑かったんすな。角館は全国で2位だんす」
「ヘーッ」
「新聞についてました。どうぞ見でたんへ」
「はい。ありがとうございます」
と、地元の新聞を見たら一面に『県内うだる、角館34.5度全国2位』と大見出し。角館の他に秋田県内7地点で6月として観測開始以来の最高を更新したとのこと。ちなみに昨日の日本の最高気温は京都府舞鶴市の34.6℃。オシイッ。どうせならば最高になりたかったなぁ。
 
 つた食堂、とてもおいしい食堂です。店の壁には23~24年前につた食堂を訪れた小沢昭一さんの写真と色紙が貼られている。色紙にはだいたい次のことが書かれている。
 「秋田美人をさがして
  角(かど)のつた食堂へ
    1985年4月
         小沢昭一」
 「小沢昭一の小沢昭一的こころ」の小沢昭一氏のていねいでわかりやすい文字で色紙を書いている。スターと呼ばれる人たちは(スターでなくてもだけど)ゴニョゴニョと書いたサインの色紙よりも100倍も良い。まぁ、ボクも幼少の頃はスターを夢見て、わけの分からないサインの練習をノート一杯にゴニョゴニョと書きなぐった時期もあった。これからのサインはきっちりと書こう。と、思った。
 で、つた食堂の冷やし中華はおいしかったです。

 さて本題。そんな暑い昨日の文化祭。おそらく学校の中庭のバレーボール部員のバザー焼き鳥売り場では40℃近かったかもしれない。よくがんばったぞ。
 ここではその他の印象に残ったことを記しておきたい。

 まずはいつだったかブログに書いたべっこう飴を模擬店で販売したいと言ってきた少女たちのこと。授業でやったことを実践にうつしたいようだ。
「文化祭でべっこう飴を作って売りたいんです」
「なるほど」
「アルコールランプなどを貸して下さいませんか」
「いいよ。だけど危ないからオレが付き添うから」
「ハイ」
 そんなわけで、あの暑い日の教卓でアルコールランプを並べて臨時べっこう飴製造工場を開設。とりあえず50個作った。
 発売と同時にソールドアウトになったから追加製造をお願いしたいと連絡が入った。すぐにプラス50個の製作に入る。
 約100個作ったべっこう飴は完売したとのこと。ちょうど1圓虜重なくなったので追加製造はやめて工場を閉鎖した。
 良かったよくがんばった。最後まで粘り強く暑さと熱さに耐えながら作り続けた少女たちにエールを送りたい。ちなみにべっこう飴一本20円也。この値段が安いか高いかは子どもたちの笑顔で判断できるかな?。写真下側。

 そして、午後からは演劇同好会の舞台発表。日頃、見ている子どもたちがステージにあがってドラマの表現をする。ぜひとも観劇せねば。楽しみにしていた。
 体育館は暗幕をひいてほぼ真っ暗。そして舞台だけがボーッと明るい空間になっている。演劇特有の異空間だ。
 そこで演劇同好会の皆が懸命に演じた。大道具も小道具も役者が兼ねて大忙しだ。約40分の劇をしっかりと演じて大きな拍手の中で幕をおろした。
 日頃、おとなしい子どもたちがしっかりした演技をしている。役者としての表現者になりきっている。良いなぁ。がんばれ少女たちよと、ちょっとジンワリときた。写真上側。

     こんな日は海も
        輝いているだろう
          角南祭の熱い一日


 今日、久しぶりに夕方のテレビニュースを見ていた。秋田県の高校球児のがんばりを1校ずつ紹介している。いいなぁ。と、思いながら見たのだが少し気になることもある。「眉毛」「帽子」などなど。もうこんな考えは古いのかもしれない。しかし、まだまだ譲れないんだけど。

 本日アブラゼミ初鳴きを聞く。やはり暑くなるとセミも出てくるようだ。

 本日のブログはこれにて終了。


 

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR