花片を見、父想う


花びらに埋もれて

 桜の木の下に車を置いた。雨と風によって桜の花が車にベターッと着いた。どんなにスピードをあげて走っても花びらは落ちてくれない。なんてこった。でも、この花びらを見ながら三つのことをイメージする。

 まずは。以前「ぬれ落ち葉」という言葉が流行った。定年退職して何もやることもなくヨメさんに常についてあるく男を言い表していた。どんなに振り払おうとしてもベターッと張り付いて離れないようなオヤジを言った。そんな状況が花びらに見えてしまう。

 もう一つは以前、夢中になっていたパチンコ「春一番」。桜吹雪がパラパラと散り始めると大当たり。その場面を見たくてどれだけの投資をしたことか・・・。

 そして、ボクの父が書いた『暮春譜』という色紙を想う。その内容をコピーしよう。

     暮春譜

   南鳥海 北駒ヶ岳
   雪の化粧の真白なる
   里は葉桜八十八夜
   木蔭に咲くは
   水芭蕉

   残んの花のあはれにて
   舎内に吹きいる花片や
   水面に浮かべる花の波
   道の辺散りしく
   花筵
      四十九年高野なる
       分校にありて詠める

 35年前に書いたようだ。不明瞭だがその色紙もコピー。当時は南楢岡中学校の隣にあった大農南外分校で桜の花の散るのを見て詠んだらしい。酒乱だった父の違う一面だ。

 やはり日本人だなぁ。パッと咲いてパッと散る。その潔さに何かを感じるんだろう。

   散る花を車に付けて走行す
     行く春惜しむ妙に恥ずかし



今日は寒かった。10℃にもならなかったと思う。今日は秋田県の高校野球地区大会の抽選会があった。県南・中央・県北各地区の組合せが決まった。いよいよ高校野球シーズンだ。がんばれ球児たちよ。
本日のブログはこれにて終了。妙に疲れた一日だった。


コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR