天野祐吉さんを悼む


ネコジャラシ

 今朝は雨模様。いつもわかちゃんを迎えにでる場所にはネコジャラシが枯れる寸前で濡れてていた。
 ネコジャラシの向こうには黄葉の木が一本ある。この周囲もどんどん秋模様になってゆくんでしょうね。



やはり素晴らしいコラムだ


 昨日のブログで書いた天野祐吉さんの絶筆とも言えるコラムが朝日新聞の「CM天気図」10月18日付に掲載された。少し長いが引用したい。

『いつの頃からか、スーパーで売っている野菜なんかに、作った人の名前と顔写真がついているのが出るようになった。
 いいねぇ。あれも。「がんこそうなおやじだな、とか「愛嬌のあるおばちゃんだな」なんて勝手なことを思いながら、ニンジンや白菜やらを食べている。
 作った人の写真まではなくてもいいと思うが、食べるものについては、やっぱり地産地消がいい。ぼく個人としては、できればバナナ以外は外国のお世話になりたくない。
 が、世の中、そうはいかないらしく、地球を一つの市場にしてしまおうとするグローバリズムの動きが進めば進むほど、わが家の食卓にも外国でとれた食べ物がふえてきている。
 ま、ある程度までそれでいいことだが、このままいくと、巨大な企業と政治の圧力で、地球はどんどん文化のデコボコを失い、のっぺらぼうになってしまう。
 たとえば、地球上の人たちが、みんなユニクロを着て、みんなマクドナルドのビッグマックを食べながら、みんなトヨタのクルマに乗っている絵を、頭の中に描いてみるだけで気持ちが悪い。

 一方でエネルギーの大量消費で大気汚染や異常気象などの環境悪化がどんどん進み、そこにつけこんで「クリーンエネルギーです」と、この国が輸出に熱心な原発が地球上にあふれるようになったら、そんな地球にあたしゃ住みたくないと言う人が、けっこう出てくるんじゃないだろうか。

 スーパーの野菜に顔写真入りで作った人の名前を入れるのは、生産者と消費者の親近感を生み出そうとするCMの一種だが、それは同時に、アンチグローバリズムのささやかなCMだったりして。』

 このように書いてまるで「こんな地球にあたしゃ住みたくない」と言ったように天野さんは亡くなってしまった。
 今、臨時国会が開かれている。そこに出てくる言葉が「成長戦略」であり「アベノミクス」であり「積極的平和主義」である。
 原発を取り巻く各種の問題、TPP、特定秘密保護法案、憲法改悪などなど好き勝手にやられそうな感じがする。天野さんだったら
「誇大広告だよ。そのうちばれるよ」と言いそうな気がする。



昨日、我が社のK君がボクに話しかけてくれた。
「アレッ今日は目がありますね」
「あまりとわちゃんとわかちゃんがメンコクて一時無くなった目が戻ったんだヨ」
と言ったら納得してくれた。素直な良い男だと改めて納得したのであります。
今日の写真はわかちゃんです。とわちゃんはカゼ気味で本日は会えなかった。早く元気になってくれと祈るばかりだ。と、言うわけで本日のブログは終了です。

  横手では若き市長が誕生す広域合併ひずみ露わに

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR