こんなに晴れて良いの?


好天に健康診断
 大寒である。今日は晴れ上がった。昨日も書いたが今のところ暖冬だ。
 しかし、いわゆるキーンと冷えて晴れ上がった冬の空とは違う。朝から微妙に暖かい。とは言ってもマイナス1℃くらいではあるが・・・。
 かた雪渡りができるような晴れとは一味も二味も違う晴天である。3月末の春間近の晴れ上がり方である。

 こんなに気持ちの良い晴れ上がった今日、職場から休暇をもらい大曲で集団健康診断をうけた。いろいろな職場の人たちが50~60人ほど受付をしていた。皆、晴れ上がったためか妙に浮き浮きしている。

 尿検査からはじまりその他一般の検査を受ける。最後にバリウムの重い白い液体を飲み込み胃検診レントゲン撮影で検診終了。

 最近、ボクも性格が丸くなった。以前は視力検査でむきになって小さいCの向きを見ようとした。視力2.0に挑戦していたのです。せめて目だけでも良いことで自己満足していた。今でも懸命に見ればもう少し見えるんだろうがまぁいいやと適当な場所で
「見えません」年かなぁ。係の方が1.0と書き込む。

「本当に見えなくなったんだべ」
と、陰の声がありそうだが・・・。

 胃検診では縦横に動く湾曲した板の上に寝かされ、胃を膨張させる薬によって襲い来るゲップをこらえながら腹をふくらませたり凹ましたりする。下手にゲップをすると胃がペシャンコになってしまう。そうすれば再検査の恐れもあるかと思い必死である。

 検診が終わってから晴れ上がっている雄物川の土手に行った。姫神の山がきれいに見える。河川敷には姫神の山に向かって歩いたように雪上に足跡がある。写真を一枚撮影。

 とても穏やかな晴れ上がった日だった。

      冬晴れの西山のぞみ思いだす
           白球飛びゆく市営球場


朝青龍再び
 今朝の朝日新聞スポーツ欄にボクがここ数日イライラしながら相撲について考えていたことをスパーッと書いている。
まずタイトルが良い。

「朝青龍全勝 力士諸君意地どこに」さらに「甘い詰め次々にに逆転許す」
記事を少し要約してみる。
『ふがいない。情けない。3場所連続休場から復帰した朝青龍に独走を許している。琴欧洲だけではなく他の力士たちにも責任がある。稀勢の里を皮切りに琴奨菊、雅山、嘉風ら検討した者もいるが最後の詰めの甘さで逆転勝利を許し、横綱を乗せてしまった。テレビの解説で北の富士勝昭さん元横綱は「このまま朝青龍を優勝させたら、横綱大関は何をしていたんだ、大変なことになる」と話した。力士たちは「チェンジしたいのなら、意地をみせるべきだ」』
 
 まぁ、今場所大相撲は朝青龍で盛り上がっている。序盤は朝青龍が負けるかどうか、その結果引退ということに注目が集まった。しかし、今は朝青龍の強さ、言い換えればヒール役としての朝青龍に注目が集まる。
 強ければ良いってもんじゃないけどねぇ。と、弱いボクは思うのだ。
 チェンジっての時間がかかるねぇ。今の日本の縮図を見ているようなものかもしれない。


さぁ、今日のブログはこれで終了。胃検診で飲んだバリウムを流し出すために下剤を2錠飲んだ。どうも効かない。出てこない。ビールで洗い流そうかな。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR