映画は出会い


可愛かったぞポニョ
 秘かに映画を見に行く。『崖の上のポニョ』だ。秋田市に宿泊している時間の隙間で見た。
 宮崎駿監督の映画は20年前以上何気なく映画館に入って『風の谷のナウシカ』を見たときの衝撃が大きい。漫画(アニメと言うのかな)などナウシカに関する本や書籍をいろいろと集めた記憶がある。
 その後、いろいろな宮崎作品を見た。『となりのトトロ』『紅の豚』が映画館で、その他の作品はビデオテープやDVDで見ている。映画館で見なければ観たとはいえないかもしれないのだが・・・・。
 そして、この『崖の上のポニョ』は、もしかすれば宮崎さんの最終の映画とも言われていた。そして、CGをまったく使わずに作られたとも聞き必ず観ようと思っていた。
 さて、感想は。ウーム。良かったである。人間と動物との恋愛・結婚物語と言っても良いかもしれない。鶴の恩返しがヒョイと思い浮かぶのだが。異界との遭遇とでも言いますか。
 何と言ってもポニョの可愛さが良い。ボクの好きだった女の子たち(相手は大嫌いだったかもしれないが・・・)の顔にすべて重なって見えた。だから「めんこいよなぁ」と映画の間中ズーッと思ってみていた。
 イタリアの国際映画賞に出品したらしい。結果は「伝えられるメッセージがない」との理由で賞は逸したとのこと。まぁ、見ていると自然破壊、海洋汚染などなどを伝えているのかもしれないとは思った。
 しかし、そんなことはどうでもよろしい。そのような映画は別な映画で見ればよいのだ。見て「おもしろかったなぁ」で映画は充分である。そんな楽しい映画だった。
 ところで主題歌を歌っている女の子は別にして「藤岡藤巻」という中年おじさんフォークグループはなかなかに良い。たまたまCDを2枚持っていた。一枚は、その昔「まりちゃんズ」というグループとしてのCD。この中の『尾崎家の祖母』はちょっと売れた。しかし、その後消滅いや事情があり深く潜行。「藤岡藤巻」で再デビュー。衝撃の問題作CD『藤岡藤巻掘戮鯣表した。当然、これも購入した。『贈られる言葉』と『オヤジの心に灯った小さな火』はボクにとってのヒット作だ。ほとんどパロディであるのだが・・・。
 その絶対に売れるはずのない彼らがポニョで一気に火がついた。先日、NHKで宮崎作品の音楽を担当している久石譲氏のコンサート『久石譲in武道館 ナウシカからポニョまで』が放映された。この中で二人のおじさん、つまり藤岡藤巻がポニョを歌っていた。なんだか違和感があるぞと思った。でもがんばっていて良かったなぁと共感をおぼえた。この放映をDVDにしたものはボクの永久保存版にする。
 人生、何があるかわからない。そんな思いで見た映画でもあった。映画は出会いであるとボクは思う。
 と、言うわけで本日はポニョのパンフレットよりスキャンして一枚。

     好きになり一途になって
        追いかけるそんな人生夢見る映画


彼岸の終わりと花盗人
 暑さ寒さも彼岸まで。今日から寒くなるかな。と、言うよりもかなり寒い。今朝、墓参りに。
 墓参りが終わり自宅に帰ってみると何となく違和感。
「アレッ花が足りない」
ブログで7月22日で紹介した黄色と8月30日に紹介したピンクの花がそれぞれ一株ずつがないのだ。持っていった跡には土がかぶせている。気づかなかったなぁ。
 恥ずかしながら我が家の花は植えっぱなし。まったく手入れをしない。それでも黄色の花は長い間豊かにたくさんの黄色い花をつけていた。健気なヤツらである。
 それを持っていくとは。まったく。元気でどこかで咲き続けてくれ。そんな彼岸の終わりだった。
 

明日から秋季全県高校野球後半戦
 いよいよ大詰めだ。残る準決勝の対戦カードは明桜ー秋田南、秋田中央ー能代である。大会運営の手伝いでこまちスタジアムに行くことになる。
 午後から野暮用をこなして秋田に向かうので今日のブログは早めにアップ。のんびりと突然の冷たい秋を楽しみながら・・・

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR