笑わない野球


ヒルガオ
 郵便局愛好会を作りたいくらいだ。小泉改革とかいうトンデモ政策で郵政民営化になった。大反対だ。地域に小さくても郵便局がある。どんなに豊かなことか。手紙やハガキを仲介して遠くの人との交流ができる。郵便局に向かう時に路肩に咲いていたヒルガオを撮影した。

    ヒルガオの淡き色合い夢乗せて遠くに届けボクの願いよ


今日の高校野球
 8月21日付朝日新聞に『笑わない球児に最高の栄冠』のコラムが掲載された。
 甲子園の決勝で見た大阪桐蔭の選手諸君が「笑わない」ことに気づいた藤島真人さんの署名入り記事である。記事を少し要約する。
『一回に満塁ホームランを打った奥村が笑わない理由を「試合中に一喜一憂していると、どこかにすきができると思うからです」と言っている。ニコニコと笑っていた育英の一年生投手木村、準優勝の常葉菊川やベスト4の慶応の選手は全員が明るい笑顔ですがすがしい。そして甲子園のドラマに、笑顔は欠かせない。
 ただ、今大会はその意味をはき違えているようなシーンが目立った。塁上で鳥のように両手を広げておどけてみたり、打ってすぐ派手に指を突き上げてみたりする場面。自然にわき出る喜びと、準備したかのようなパフォーマンスは違う。まして、プレーは続行中だ。その一瞬で次の塁を狙うこともできる。
 ギラギラと集中し、最後まで真剣に白球を追う。笑わぬ大阪桐蔭の選手たちが、最後に、最高の笑顔をつかんだ意味を考えたい。』

 それを読んで三田紀房著のマンガ『クロカン 9巻』に出てくる示現高校の雰囲気を主人公のクロカン(黒木監督)が感じた場面を思い出した。
「なんだ?こいつら・・・・点取って盛り上がるでもなく、声出すでもなく、ガキどものくせに修行僧みてぇになんでこう静かにしてられるんだ・・・」
 でもこれとは全然違うなぁ。

 大阪桐蔭の場合は試合中は常に前向きだったのだ。
 実際に録画した準決勝大阪桐蔭対横浜と決勝大阪桐蔭対常葉菊川を早回しで確認して見た。なるほど笑わない。ホームランを打っても派手なガッツポーズをしないでベース一周は淡々としている。得点してもハイタッチをしないで軽く手と手のタッチをしている程度。ベンチも落ち着いている。一番ニコニコしているのは監督だ。もちろん得点したり良いプレーをした時には自然に笑顔はこぼれる。
 あまりに普通のことだったのでテレビを見ていた時には気づかなかった。もし、現場にいたら声の出し方などで気づいていただろうと思うけど・・・。

 相手チームが一つアウトをとるとベンチで「オーッ チャチャン チャチャチャン チャチャチャン オーッ」とベンチで一斉にパフォーマンスをするチームを何度も見た。そんなことよりも次のプレーのことを考えた方が良いといつも考えていた。まぁ、これも意識的な指導者かどうかによるだろうなぁ。
 高校野球の方向性を見つめる、なかなか良いコラムだった。


花火の思い出
 学生の頃。電話やメールが普及する前は手紙やハガキが遠くの友人との唯一の連絡手段だった。大好きなN子さんという人がいた。まぁ、お互いに好感を抱いてたことは何となく雰囲気でわかった。しかし今でもそうだがボクはとてもシャイだから「好きです」なんて絶対に言えない。それでもお互いに大曲と盛岡の間で手紙をやりとりしていた。まぁ、内容はお互いにたわいない日常しか書いてなかった。
 夏休みの帰省時に手紙でN子さんと花火を見に行くことを約束した。彼女の仕事が少し遅れることもわかっていた。でも、ケータイなんかないので少し不安だった。
 当時、南外から大曲に出るにはバスか自転車でゆくのが唯一の手段。その頃から大曲の花火は有名。多くの観衆が集まっていた。当然、たくさんの臨時バスも出ていた。それを利用してボクは大曲に出た。
 そして、N子さんとの待ち合わせの場所にゆく。アレッいない。時間を間違えたわけではない。おそらく仕事が遅れているのだろう。ジーッと待っているとゾロゾロと人・人・人がボクの前を通ってゆく。
 突然、彼女は来ないとボクは思ってしまった。そしてボクは人波に流されて花火の会場に足を向けていた。30分もボンヤリと花火を見ただろうか。つまんねぇなぁ帰ろうと、ガラガラに空いている帰りの臨時バスに乗った。
 あとで彼女に聞いてみたらボクが歩き出してから10分もしないうちに待ち合わせの場所にきたとのこと。なんてこった。
 花火は非日常の空間だ。手をつないで「すっげーなぁ」と言いながら花火を見られたかもしれない。そして2年後に彼女は誰かのヨメさんになったという噂が聞こえてきた。あれから一度も出会ったことがない。でもまぁ、そんなもんだろう。
 そんな思い出があった。その大曲の花火を今日は観にゆきます。



花火の帰りが何時になるかわからないのでブログを早めにアップ。天気が心配だなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR