梅の実


本日の全日本リトルシニア野球選手権東北大会
 宮城県の鹿島台で全日本リトルシニア野球選手権東北大会が開催されていると聞いた。しかも秋田チームのゴールデン・ペガサスが準々決勝に進出したそうだ。
 鹿島台は自分にとって思い出深い土地である。なぜか。それは宮城県に足をおろした最初の場所が鹿島台駅だった。仙台でもなく松島でもなく鹿島台だった。大学を卒業するまで宮城県には一度も来たことがなかった。ところが縁あって宮城県の教員に採用されたのだ。採用試験で宮城に行っただろうと言うかもしれない。ところが当時は結構おおざっぱで盛岡の大学で採用のすべてが決まった。宮城県の第一歩の土地の鹿島台と聞いたら行かざぁなるまい。懐かしの土地だ。
 リトルシニアの野球を始めて見た。対戦相手は仙塩東チーム。試合開始直後から秋田のチームは緊張で動きが非常に硬い。この春に全国大会に出たとはいえ本番の大会での緊張はぬぐえない。相手に与えた点数のほとんどに失策がからんだしまった。持てる力を出し切れずに結果的には6-2で敗退。残念なり。彼らが高校に入って活躍してくれることを祈りたい。がんばったぞ皆。
 上の2枚の写真は鹿島台中央野球場三スタジアムとゴールデン・ペガサスのキャプテンで投手の夏井君。


本日のウメ
 その足でウメの実の採集に。利府町の岡崎さんの梅林。
 ウメ狩りは初めての体験。ボトボトと落ちるウメを頭にあてながら拾う拾う。頭に直に落ちてくるウメがあたると髪の毛がないので痛い。そこで帽子で防止。ハイ。
 岡崎さんの家では春はタケノコ、秋は名物利府梨を経営している。ウメは家庭用に採集したようだ。写真の大きな籠に4杯で目分量60~70垪里譴燭隼廚Αそして、午後からは小梅の採集。こちらは木が一本だから7~8圓らいだったろうか。ごちそうになった自家製ウメジュースがうまい。薄めて飲むと疲れがとれる。
 休憩時間に裏山の竹林を上ってゆくと砂防ダムがあった。カメが日向ぼっこしていたが我々が近づいたらスーッと水の中に消えた。
 残念と思っていると細長い生物が水の中から出てきた。アレッなんだ?確認してみるとヘビだ。ウミヘビなら知っているがヌマヘビは知らないなぁ。でも、水中に沈んでしばらく経過しても浮かんでこない。ハ虫類なら空気を吸うために必ず顔を出すはず。と思ってしばらく水面を眺めていたら出てきた出てきた。はやり、ハ虫類。
 で、記念に一枚。皆で検討した結果シマヘビだろうということにした。
 普通のウメと小梅の違いの写真も同時に。
 おみやげとしてウメを4圓い燭世い寝燭茲蠅△蠅たい。2圓魯Ε瓮献紂璽考僂法2圓惑濕鰺僂法G濕鬚肋特颪任呂覆ブランデーで作ることにしたので梅酒用ブランデーを購入。はてさてどんなものができるやら・・・・。楽しみだぜ。
 ところで荒木一郎の「梅の実」という歌は良い。「梅の実がなった この小さな朝に 青く冷たい 朝もやの中に」というやつだ。家に帰ったらギターを引っ張り出さなくては。
 さぁ、これから酒飲み大会。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR