ボクの好きな先生


ボクの先生
 山内滿先生。現在ボクの労働審判で代理人を担当してくださっている弁護士さんである。
 労働審判の時に事前に弁護士さんと打ち合わせを。と、何度か書いたのだが本当に弁護士事務所に行ってるのかどうか疑問に思っていた人もいるかもしれない。いないとは思うが・・・。
 昨日、第3回目労働審判の打ち合わせの時の会話
「弁護士さんと言っても誰だかわからないのではないの」
「山内先生のお名前を出してもいいんですか」
「出してもいいです」
 それで本日のブログで紹介させていただくことにした。写真は山内先生の法律事務所の封筒からコピー。

 まさに正義の味方。困りごとならば山内先生にお願いして間違いないと断言できる。現にボクの労働審判でも適切なアドバイスをいただいている。
 ところでお名前の「みつる」が「満」ではなく「滿」なのです。これは間違ってはいけないと最初に依頼する時に注意した。でも、ワープロの変換ミスでどうしても「満」が出てしまう。そこで、間違えないように辞書に登録した。このブログを読んだ方はどうか間違わないように。
 労働審判のおかげで?山内先生という正義の弁護士さんとも会うことができた。その意味では、おそらく終生経験することのできなかったと思える貴重な場を提供してもらったことになる。別に相手方に感謝しているわけではないが。
 山内先生には今後導入される裁判員制度などについて話しながら、司法のあり方について伺ったこともとても参考になった。そして司法が身近にあることも確認した。
 山内先生は労働者の見方でもあり、困った人のための灯台でもある。古い歌だが「正義の味方だ いい人だ」である。ついでにRCサクセションの歌「タバコを吸いながら いつでも部屋に一人 僕の好きな先生」もあげておこう。
 もし、これを読んでいる方で困りごとで悩んでいる方はぜひとも相談してみてください。とても素敵な方ですぞ。
 今後ともよろしくお願いいたします。

エビについて
 このまえヤマトヌマエビなぜ死んだ。と、書いたら、ある方から予想されるエビの死因についてメールをいただいた。なるほどなぁと感動した。
『ヤマトヌマエビは、意外とpHの変化に敏感で、私も過去に何度か水換えの時に急激に数を減らしたことがあります。天然では結構しぶとそうなのですが、やはり水が合う合わないがあるようです。ヌカエビなども、天然でみるとやたらに増殖しているので、強い種類かと思いつつ、採集してきて飼ってみると、一気に全滅します。』
 なるほどなぁ。そうだったんだ。pHとは思いもよらなかった。と、言うよりも僕の飼育法はずぼらそのもの。水替えもろくにしないし飼えば飼いっぱなし。時々、確認することと言えばせいぜい水温だけだ。魚が可愛そうだと言われる。ウーム少しは反省せねば。貴重なメールに感謝します。
   

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR