国鉄民営化の置き土産?


来年の彼岸まで

 本日は彼岸明け。
 朝、お墓参りにちょっと出かけた。来年まで墓参りはできない。もしかすれば春の彼岸は雪の中の可能性が大である。季節はどんどん変わってゆく。
 昨日は30℃超えの暑い一日だった。今朝は12~3℃。いや、もっと低かったかもしれない。半袖ワイシャツでは寒いくらいだった。
 夕方、妙な夕焼けになったのだが、もしかしたら明日は好天になるかもしれないぞ。
 田んぼの借り入れは順調に終わっているようだ。アッと言う間に田んぼの稲穂は刈り取られて広い切り株の海が出現している。

   豊饒の黄金の稲穂の海原の向こうに鯨の山並み浮かび



JR北海道の点検ミス

 JR北海道で260箇所以上の点検ミスや放置があったとマスコミは大騒ぎである。この騒動を見聞きしながらボクは25年以上前の国鉄分割民営化がおこなわれた頃を思い出した。
 国鉄分割民営化には国鉄の労働組合もボクが所属した組合も反対した。当然、ボクは国鉄の民営化は良くないと考えていた。
 組合などで話し合いがもたれた時に国鉄の労働組合からも支援の要請がなされた。その時に国鉄から派遣された組合員の人が話したことで今でも印象に残っていることがある。

「国鉄分割民営化が実施されたら人減らしなどで充分な点検ができず将来大きな事故が起きる可能性は増します」

その時の話が25年を経た今になって明らかになったと思えてならない。

 しかし、世の中には国鉄の分割民営化は巨額の赤字解消や乗客の安全のために間違っていなかったと言う人の方が多いかもしれない。しかし、ボクには日本の衰退(東北・北海道など)とJR各社の衰退とはダブって見える。つまり国鉄分割民営化は失敗だったのではないかと思うのだ。
 いずれにしても乗客の安全を第一に考えJRに勤める人たちの労働条件も良くする必要があるのだが・・・。JR東海が考えているリニア新幹線も何だかスピードは出るのだろうが日本の発展のためにはけっして「ためにならない」計画だとボクは思う。これも金・金・金・金と思えてしようがありません。
 完成してもボクは乗ることはないだろうし、完成まではたして生きているのかも???なのですね。
 アーァ今日も何だか愚痴っぽくなってしまった。



とわちゃんとわかちゃん。夕方、自宅に帰ってからスナップ写真を撮ろうと思ったがあまりの賑やかさで写真機を持つのを忘れてしまった。
揚げ句にソファの上からとわちゃんがわかちゃんを突き落としてしまう事件まで発生。それでも子どもは大丈夫なんですね。
写真は先日おこなわれたとわちゃんの通う保育園の運動会の様子。そんなわけで本日のブログは終了です。

  本当は黙って見守るべきですが目の中に入れ痛くないジジ
  「受かりました」君の笑顔の向こうには少しの悔いと数多の笑顔
  「ダメでした」下を向く子に言う言葉「そんな会社は君がふったゼ」
  すれちがいフッと横むく生徒あり「今朝は何時に起きましたかね」

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR