国民の不幸を踏み台に・・・

やはりなぁ

 週刊ポスト2014/5/9-16号をコンビニで購入。見たい記事は『この国の権力がいま突き進んでいる日本人を幸福にしない新システム 安倍政権「4つの不幸」』である。さらに見出しには『この男は国民の幸福よりも「総理としての幸福」を追い求めている』となっている。アムステルダム大学カレル・ヴァン・ウォルフレン教授が寄稿した内容である。
P5020302.jpg


4つの不幸とは。
①祖父岸信介を越えようとするほどその功績から遠ざかる総理自身の不幸
②愚かな坊ちゃんリーダー、ブッシュJrの相似形の不幸
③改憲論者すら違和感を持つ「軽薄すぎる解釈改憲」という不幸
④「日本人を不幸にするシステム」をさら強化しようという最大の不幸

 3ページほどの内容を一読。その通りだなぁと思う。安倍晋三首相が取り組む政策が矛盾だらけの内容が書かれている。この記事の最後にカレル教授が書いている内容。
『憲法改正でも経済政策でも、安倍首相は祖父を越えるという政治的達成感「総理としての幸福感」のために国民の不幸を踏み台にしているとさえいえる。それが安倍氏が抱える「偽りの現実」なのであろう』

 アベノミクスでも消費税増税でも原発再稼働・原発死の商人でも教育委員会改悪でも集団的自衛権行使でも特定秘密保護法でも・・・・山ほど出てくるが、国民の不幸を踏み台にしているとしかいえない。
 これだけ好き勝手にふるまっているのに・・・・。日本人はお人好しなんだろうなぁ。こけほどいじめられていいても暴動が起きてもおかしくない上京なのにナァ。考えすぎかもしれないが。ボクも日本は大好きです。だから心配なのです。


すっかり忘れていたいい話。策朝、我が家の玄関を開け放していたらツバメが玄関の中に飛び込んできた。数秒ホバリングしながら様子を見ている。おそらく巣作りの場所を探しているのだろう。
かと言って日中ズーッと玄関を開け放しておくわけにいかないし・・・。と、思っていたら三回ほど飛び込んできたら来なくなってしまった。慌ててカメラを準備したが・・・。
10年以上前に車庫に巣作りしていたツバメの巣があるが雛が誕生した途端カラスに襲われて以来ツバメは寄らなくなった。ぜひともきてもらいたいんですが。
でも、ちょっと(いや、かなり)嬉しい来訪だった。

本日は3月末に眼科に行ったあとの再検査があった。見立ては右目の白内障。要手術。やるしかないでしょ。今すぐじゃないですが予約を入れた。
そんなわけで検査のために瞳孔が開きまぶしいまぶしい。終日、何もできずにグータラの1日を過ごした。フーーーッ。どうにか回復したのでブログをアップしました。

  診断は白内障と告げられて「身体髪膚」に背いて生きる

本日のブログはこれにて終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR