友の死

グラウンドにて

 本日は快晴。午前中に友の葬儀に出席してからグラウンドに出た。グラウンドでは新チームの練習試合がおこなわれている。
写真 (5)

 ところで本日の秋田県の準決勝。古巣のチームが惜敗。球場へも行けなかったしテレビで見ることもできなかった。結果だけを見たが甲子園は遠いなぁとあらためて思わされた。
 また、挑戦でしょう。



深い山間の葬儀にて

P7210656.jpg

 子供の頃からの同級生であり友人である伸作君が16日に亡くなった。9年前に胃ガンが見つかった時から胃を半分切除し、その後全摘、さらには全身に転移と闘病生活をしていた。
 古希の会がおこなわれた時に病院にちょっと見舞いに行った。その時に彼はボクの手を取って
「絶対に死なねがら」
と、言ってくれた。それから20日後に息を引き取ってしまった。

 今日の葬儀で弔辞をお願いされた。彼のためならと引き受けたのだが普通にできたかどうか心もとない。あいさつは難しいなぁと不勉強さを痛感した。
 
 彼の戒名は「青嶽院機恩伸巧居士」。山懐に囲まれて育った温厚で義理堅い男だったことを思わせる。

    まっすぐに誠実に生き旅立った男の裏山蝉時雨なり

 いずれボクも遠くない将来には同じ旅路になる。でも今、会えなくなったことはとても悲しく寂しいのである。合掌。


これにて本日のブログは修理用です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

久し振りにコメントさせて頂きます。
高校野球のお仕事、御苦労様です。新チームがもう練習試合ですか!
チーム関係者にとって、気が休まる時がありませんね。
福井県は、ようやく予選会が始まったようです。
秋田県も、角館等公立校が健闘しているようですね。
友の死に直面されたのですね。お悔やみ申し上げます。
私も先月始めに中高からの友を亡くしました。
昨年正月には、火災による不慮の死でこれまた中高からの友を失いました。
葬儀にて、弔辞を担いましたが、終わってからもアレコレと思い悩んだ事を思い出します。
目下私は、中学校と高校の同窓会幹事の業務を同時進行しています。
出来るだけ多くの旧友達に集まって欲しいと願っていますが•••。
以上、アムステルダムから送信いたしました。

同年代の悩みと楽しみ

車 正吉さん

アムステルダムに行ってウォーキングに参加しておられることは車さんのブログで確認しておりました。車さんの健脚ぶりに驚いております。
また、マレーシア航空撃墜について現地オランダ国民の憤りの生の反応も読ませてもらいました。
車さんが帰国されてからオランダでの旅の様子を写真入りのブログで拝見することが楽しみです。

さて、秋田県はベスト16以上が公立高でした。私立高が少ないこともありますが、最近は活躍が目立つようになりました。
私が顧問のチームは早々に敗退しましたので新チームに移行してすぐに秋から来年に向けての準備になっています。
県内の一方では甲子園に向けて戦っているチーム。そして、新チームになって次の目標に向かうチームになっています。

私たちの年代は友の死に直面することが少しずつ増えるのでしょう。
車さんも友人を相次いで失っておられるとのこと。
昨日、私は弔辞原稿を持って行きましたが、読んでいるうちに彼の思い出がよみがえり途中で少しずつ内容が変わってしまいました。読むと言うよりもアドリブで彼に語りかけてしまったなぁと反省しています。
でも、終わったことは仕方がありません。昨夜、ビールを一杯飲みながら彼との会話で見送りしたんだと自分を納得させました。

車さんと同じように私も中学校の同級生たちの連絡係をやっています。戦後のベビーブーム直前の山間の中学校卒業生が60人いました。今、連絡のつくメンバーは42~43人ほどになっています。クラス会に参加できる人も家族の関係などもあり少なくなりつつあります。でも、仕方がないなぁと思っています。
基本は「今だから会える。今しか会えない。気楽に会おう」だと伝えるようにしています。車さんと同年代の悩みでもあり楽しみだと考えています。

まずはアムステルダムを楽しんで下さい。コメント感謝します。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR