スジエビがやってきた

夕焼け

 どうもボクは夕焼けが好きらしい。夕方に空が朱く染まると妙に嬉しくなるのであります。
P9113391.jpg

 この写真は東の奥羽山脈の空が西日の照り返しで朱に染まっている様子。明日は天気だろう。



金魚と同居中

 そのスジのお達しでなどとよく言う。でも、正直よく分からなかったので我が愛する辞書である新明解国語辞典第五版を調べてみたら【そのすじ 其の筋 ①ある物事を管轄する官庁(狭義では、警察を指す) ②その向きの人】とある。案外おもしろくないなぁ。もっとおもしろい表現があるのかなと思ったのだが・・・。

 それはともかくとして「そのスジ」が我が家に来たのであります。
P9113388-1.jpg

「スジエビ」である。とわちゃんとわかちゃんの叔父さんが近くの沼で捕ったとのことでバケツに数十匹が入っていた。酸素不足で約半数が死んでいたが残りの半数は生き残っている。
 早速、金魚が山ほど入っている水槽に入れたら酸素が供給されたらしくスジエビたちは元気になった。
 捕獲してくれた家ではスジエビをしばらく金魚と一緒に飼っていたが、金魚たちに食べられたという。そうかぁ。金魚はスジエビを食べてしまうのか・・・。確かにエビでタイを釣ると言う話があるから、エビは金魚に食べられる運命かもしれない。

 我が家に来てからスジエビは3日目。毎日、一匹くらいが水槽から飛び出しているがまだ水槽には20匹以上のスジエビがうごめいている。
 彼ら(彼女ら?)を見ているとなかなかメンコイ。そして結構、どう猛である。確か、一緒に死んでしまったスジエビも入っていたはずだが、きれいさっぱり消えていて、水槽の水面には赤くなった細いスジエビの手足が2~3本赤くなって浮いている。共食いもするのである。ウーム、なかなか残虐でもある。
 我が家には以前もスジエビがいたのだが水槽のpHの関係などで全滅したことがある。今のところ水槽を替えることも不可能である。この金魚と同居状態ではたしていつまで元気でいてくれるやら・・・・。
 我が家にスジエビがやってきた。



今朝のTBSラヂヲを聴いていたら今回安倍政権の閣僚になった女性議員高市と自民党政調会長の稲田と言ったかナァの二人。鉤十字の旗を団体の事務所に掲げているネオナチのメンバーと一緒に写真に写っていたそうな。日本ではそれほど取り上げられていないが欧米では、こんなに危ない極右思想に傾いている閣僚を選んで大丈夫か?と心配しているそうだ。
この女性たちは「知らなかった」と言っているらしいが気づくのが普通の感覚だろうに・・・。
今回の安倍政権は副総理の麻生氏の「ナチの手法を真似たら」発言もあったりするから極右団体なんだろうなぁ。だから特定秘密保護法だろうし憲法をなし崩しにする集団的自衛権行使に傾くのだろう。危ないなぁ。

    

YG対阪神。見ている方が気の毒になるくらい阪神は負けている。阪神ファンには申し訳ないがYGを助けるために試合をしているような気がしてならない。これで広島が負けたら、しばらくはプロ野球はテレビ観戦をしません。と、書いておこう。

これにて本日のブログは終了です。

   温暖化異常気象の原因か?友のメールは憂いに満ちて

コメントの投稿

非公開コメント

虎っこ 気の毒。

鉤十字の人達との写真。
ヨーロッパでは問題にしているとの、記事は読みました。
何でもかんでも票になればと、ダボハゼの如くに食いつく。
現内閣の性質そのものだろう。YES-MAN達だけを閣僚にして、
少しでも盾突いた連中は追い出す。意見を言えない・・・
段々とその矛先は国民に向いてくるのかも。
(曰く デモの規制とか)。

それにしても虎の爪はどうした。
あれよあれよという間に沈ンでいくね。

今は鯉に恋して・・・

パパさん

まったくその通りですね。自分の言うことだけ聞く人「お友だち」だけを重用して盾突いた人たちは蚊帳の外へ・・・・。
これじゃあ意見も言えない。そんな国にしようとしてるとしか思えません。

その一つの動きが「鉤十字」愛好家達との接近。本当に怖い政権だと思います。

そうですね。まさに虎の爪に期待していたのですが地元であっという間に沈んでしまいました。虎ファンの夢を打ち砕くように・・・。昨夜も吾が教え子の虎ファンGEN君から痛恨のメールが届きました。ハイ。
こうなれば鯉にもう少し期待して・・・。

No title

勝利おめでとうございました。全県出場もおめでとうございました。夏休み苦労していたようなので、ちょっと心配しておりましたが、いらぬ気苦労だったようですね。選手達成長したんだろうな思います。この後も頑張ってください。

良かったです

COVAさん

高校生はすごいですねぇ。と、言うよりも、みんなが高校生だなぁと思いました。
つまり、すごい選手も普通の選手もちょっとかなぁと思う選手も同じ土俵に立てば高校生同士の競い合いになるなぁと言うことを感じました。
勝つためには何が大切か。負ける要素は何かは難しいのですが勝ったことによって彼らが得たことは大きかったと思います。そして、そこに指導者がどう介在するかなのかなぁとも思いました。
ウーム・・・。何を言っているのか自分でも分析できていませんがそんなことです。
応援して下さい。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR