吉田拓郎、元気ですねぇ

こまちスタジアム



 朝、目覚めて何だか野球に行きたくなった。どうしても・・・。
 そこでこまちスタジアムに向かった。試合はすでに始まっていて大曲工と角館のカードをバックネット裏から本店の社長さんたちと観戦。
 やはり、野球はいいなぁと思いながら球場の雰囲気を感じて帰ってきた。



やはり良いものは良い

 21日にwowowでオンエアされた7月22日におこなわれた「吉田拓郎LIVE2014」をDVDにして観た。
 ハードディスクにも録画している。でも、いずれハードディスクが満杯になれば古い番組などから徐々に削除しなければならない。そうなる前の「とりあえず」永久保存としてDVD化である。
P9233389.jpg

 これを、とわちゃんと観ていたら、何ということでしょう。彼女は吉田拓郎の歌を知っているではありませんか。とわちゃんが言う。
「カズマサと歌ってたよ」
「ん?カズマサ?」
「そう、カズマサ」

 カズマサがよくわからないので両親に尋ねたら小田和正のことだと言う。そう言えば小田和正が毎年クリスマスの夜にオンエアしている『クリスマスの約束 2013』に吉田拓郎がゲストで出演している。その中で吉田拓郎が歌っているのが『人生を語らず』であり『今日までそして明日から』であり『落陽』である。このDVDを作ってあげたので、とわちゃんの両親はしょっちゅう観ているらしい。それを横で見ていたとわちゃんは曲をおぼえたようだ。
 先日のLIVE2014でもオープニングはこの3曲だったので、とわちゃんは「カズマサ」とダチ呼ばわりをしてのであります。いいですねぇ。

 ボクはカラオケが苦手である。ギターで勝手にジャンジャカジャンジャカ鳴らして歌のようなものをがなり立てるのはできる。ところがカラオケは画面に歌詞が出てきてドンドン曲が進んでゆく。ボクはそれについてゆけないのだ。だからカラオケはダメなのだ。もう一つ理由はあるのだが・・・。それはつまり・・・・五月蠅いのだ。呑んでアーでもないコーでもないと話をすることが制限されるから、できればカラオケのある場所には行きたくないのです。でもボクは軟弱なので「行こうよ」と言われたら行きますが。
 で、たった一つカラオケで歌える曲がある。それは吉田拓郎の『落陽』なのです。昔の仲間であるYUちゃんのお父さんは黙っていても『落陽』をカラオケに入れてマイクを回してくる。とても言いヤツなのだ。

 吉田拓郎。68歳。誕生日が20日前後しか違わないのでほとんど同じ年代だ。肺がんを一時患ったが元気になって活動を続けている。元気をもらったなぁと思う。何度もDVDを観るだろうなぁ。
 さぁ、一杯呑んだら気分も良くなってきたギターをチューニングして『落陽』でも歌おうか。と、思ったら家人がにらみつけている。彼女も五月蠅いんだろうなぁ。



少しずつ日常に戻ろうと考えています。これにて本日のブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

音感

とわちゃん 万歳。!!
最近の子供達の音感は素晴らしいです。
CMを2回位聞けばもう、鼻歌で歌える。
小さい頃からの、音環境が耳を鍛えている。
バカ親父の孫自慢は彼女の音楽の評価は「パーフェクト」だと。

口ずさむを聴くと・・

パパさん

一瞬、とわちゃんが何を言っているのかわかりませんでした。
口ずさむのを聴いたら吉田拓郎。ジジバカの好きな歌を歌えるとは感激ですね。
子供たちの音感は本当に素晴らしい。そして、音が大好きですね。
やはり、家族の子どもたちや孫たちの評価は甘くなります。当然のことですねぇ。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR