大曲工業高東北大会決勝進出!

 秋季東北地区高校野球大会準決勝。二転三転したゲーム。4X-3で大曲工業高校が決勝進出。良かったなぁ。校歌斉唱の時に並んでいる選手たちだ。
PA283410.jpg
 この時に流れた校歌はボクが音声ファイルをグラウンドで流れるように切り貼りして編集したものだった。その意味でも感激をあらたにした。難しい一勝をあげたチームに心からの拍手を送った。

 少し思い出すと・・・・。東北大会には今から18年前に仙台で開催された時に初めて出場した。その時の初戦で福島の双葉高校と対戦。辛くも勝利できた。それでベスト8になる。
 ところが準々決勝で同じ福島の平工業にコールドゲームで敗退。平工業はその後にセンバツ出場。その時の悔しさから大曲工業野球部はスタートしたと言っても良いかもしれない。
監督と二人でよく話したことがある。
「ベスト8でもベスト4でもいいから常に上位に顔を出そう。そうすれば必ず甲子園に抜け出せるはずだ」
それから10年経過。ボクは甲子園には届かずリタイアして別のチームに移ったりした。大曲工業の監督さんは継続して部や選手の指導に携わってきた。
 今年の夏も大曲工業は秋田県の「候補」になっていた。しかし、残念ながら敗退。
 監督が長い間掲げている目標や指導はけっして悪くはないし間違っていない。と、ボクは遠くから見ていた。それが今日の試合で「ある意味実った」感じがする。
 まだ明日の決勝があるので、どうなるかわからない。でも、これまでの例から言えば東北大会で決勝進出チームはほぼセンバツ決定になるケースだ。まずは明日の試合を全力で戦ってもらいたい。

 さて、試合が終わってからスタンドで(60代かなぁ)一人のおじさんに会った。おじさんは試合経過で印象に残ったシーンをスタンドでスケッチブックに描いていたのである。試合経過を物語る「絵物語」と言いますか「合戦絵巻物」なのであります。
 そして試合終了後に一枚は仕上がっていたのであります。それがこれ。
IMG.jpg

「いいですねぇ」
と、声をかけさせてもらったらそのおじさんは松島在住で「松島の皓ちゃん」(ブログもこの名前で検索するとヒットする)
「松島の皓ちゃん」
とのことだった。松島高校を応援しておられるとのこと。
 松島高校が大曲工業に延長の末に惜敗したので次は大曲工業を応援されているとのこと。ちなみに秋田の土崎出身と話された。ウーム。いろいろな縁があるのぉ。
 そして、この絵は大曲工業の監督さんにプレゼントしたいとのことだったのでボクが預かってお渡しすることになった。
 この絵を見るとスコアブックとはまた違った試合経過が良くわかり思い出になる。ボクも写真に撮らせてもらい保存することをお願いした。ブログの掲載もOKをいただいたのであります。感謝感謝。

 そして、大曲工業対松島の「絵物語」も写真に一枚撮らせていただいた。
PA283423-2.jpg
これは、球場で描いてから自宅で手を入れて完成品にされたとのことだった。

 本日、実は病院で検査を受けようと言うことで休暇(病休ではなく普通の休暇)をとっていた。
 心の中の鬼はボクに言う。
「病院はいつでも検査できるべ!大曲工業の、この試合は今日しかねーべ」
「んだなぁ」
「そんたに命が惜しいか?」
「うん、もったいねー」
「でも、すぐ死ぬわけでネーベ」
「んだ。当然、石巻に向かう!」
 これでGOだったのであります。行って良かったと心から思っている。心の中の鬼に感謝している。と、書いておこう。ただのサボりだべという声も聞こえてきそうですが・・・・。
 いろいろな出会いと感動があった石巻市民球場。明日の決勝もここを会場として仙台育英との間でおこなわれる。ただ、さすがにボクは応援に行けません。健闘を期待したい。


夕方過ぎに帰ってきてビールをたったの二杯を祝杯としてあげて休みます。これにて本日のブログは終了です。
 

コメントの投稿

非公開コメント

選抜は

何事もなければ選抜は確実に決まりです。
秋田は亡き父の故郷なので、いつも秋田のチームを応援しています。
決勝戦も期待しています。

応援、感謝します

ミーカガンさん

コメント感謝します。

本当に何事もなければセンバツは可能性が高くなりました。
ミーカガンもルーツは秋田なのですね。いつも秋田県チームの応援をいただいているとのことでありがとうございます。
ぜひ大曲工業も応援してください。
今日の決勝戦ははたして・・・。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR