高倉健さんを観なおす

本日は高倉健さんについて

 先日、40数年ぶりにクラス会で会ったA君から葉書が届いた。クラス会の写真のお礼である。そこには
『健さんが亡くなった。先日、夕顔瀬東映で盛り上がったことを思い出しています。写真ありがとう』
と、書いてある。
 そうなんです。盛岡の場末の映画館『夕顔瀬東映』で高倉健の映画などごっちゃまぜの三本立てを何度も何度も観に行った話をして盛り上がったのだった。
PB260003.jpg
 
 「健さんが亡くなった」んだよなぁと思いながらの勤労感謝の日の朝。ボクは塩竃のお父さんの家で目覚めた。二日酔いの頭をかかえて河北新報を開いたら映画評論家の佐藤忠男さんの『高倉健さんを悼む 「正義」から「優しさ」へ 謙虚さ、探究心 男磨く』のコラムが目にとまった。
 佐藤さんは高倉健さんを「歌舞伎の辛抱立役(しんぼうたちやく)系の演技術を映画で完成した役者」だと述べたという。そのことを聞いた健さんに
「それはどういうことですか、もっと詳しく説明してくれないか」
と、招かれたという。
 その時に健さんが入れてくれたコーヒーを二人で飲みながら4時間も話し込んで一つの発見をした。
 それは、健さんによって確立された任侠映画のあの「もろ肌脱ぎで、日本刀を構えたイメージとは相当に違うので面食らったことだという。
 彼の演技はすごんだ形だけで見せるようでいて実はそうではない。そこには、よく工夫され人の意見も真面目に聞いて研究されて確立されたものと知ってとのこと。佐藤さんは健さんとの会話で、発見する喜びを与えてもらった貴重な機会だったと述べている。
 なお、辛抱立役とは、対立する権力者や敵の意地悪なやり方に耐え、軽はずみな動きをする若者などを抑えながら、最後には見事な決断で正義を行う、真に実力のある男の役である。と、解説している。1960年代に健さんをトップスターに押し上げた任侠映画シリーズで彼はそういう役を完成させたとコラムで言う。
 しかし、やくざの役だけでは限られた範囲のファンには熱烈に受けても国民的な俳優と言われるのは難しい。健さんはその役柄で築いた風格で、おとなしく善良な庶民の本当の男らしさを演じるという文字通りの離れ業をやってのけた。
 彼は本当に男らしい男が、実は心優しくつつましい庶民でもあり得るという、すてきな人格のありようを示してくれたのである。
 まだまだいい役を開発できたのに、亡くなられたことは本当に惜しまれるのである。
 このように佐藤さんは書いている。健さんの「正義」から「優しさ」へなのである。

 そして、昨日(25日付)の日刊スポーツ紙に大谷昭宏さんが『とめておくれよ健さん国民栄誉賞』とコラムを書いている。そこには次のようにある。
 今度の衆議院選挙では「自民党対白票」となりかねない。それでは国民からアベノミクスへの信任を得たことにならないとあせる安倍政権。
 ならば少しでも国民の関心をと、ここにきてにわかに浮上したのが先日亡くなられた高倉健さんへの国民栄誉賞。
 学生時代、場末の映画館で「健さん!」と声をあげていた身ならずとも、そのあざとさにカチンとくる人も多いのではないか。

 ボクはもちろん、カチンときますねぇ。

さらに大谷さんは言う。
『そもそも私は勲章や栄誉賞には、いい感じを持っていない。それが健さんの死後の受賞となると、とても許す気になれない。こんな選挙のさなかにミエミエの贈呈に、本人がとんでもないと辞退したくてもしようがないではないか。遺族が断ればカドが立つ。
 何より健さんは権謀術数渦巻く政界とは真逆のところで、片肌脱いで長ドス片手に立っているように思えてならないのだ。
 こんなときに引っ張り出されたんじゃ「背中(せな)のイチョウが泣いている。とめてくれるなおっかさん」。おっかさんならずとも、誰か栄誉賞をとめてくれ。健さんの背中で唐獅子牡丹がほえている』

 まったくその通りです。あざとさ丸出しの安倍政権に利用されてたまるかである。

 24日。前夜の結婚披露宴、2次会、3次会と続いて「ウーム二日酔いじゃわい」と思いながらテレビを見ていたら・・・・何ということでしょう。『NHKプロフェッショナル 仕事の流儀』で高倉健さんの特集をやっていた。
 あわてて正座して見入った。佐藤忠男さんが述べているように「風格のある、おとなしく善良な庶民の本当の男らしさ」をにじませているのである。もちろん、この番組は永久保存版でDVDにした。
 そして、健さんが大スターとなる転機の映画『網走番外地』と健さん最後の映画『あなたへ』のDVDを探した。
 確かに販売はされているがDVDはとても高価である。これじゃあダメじゃん。と、思いながら念入りにチェックしたらレンタル落ちの『網走番外地』ビデオテープが送料込みで1100円で売っていた。早速、注文。今日、届いた。それが最初の写真である。
 すぐにビデオを観ながらデータ化してDVDにする。

 『あなたへ』はちょっと高価なので買うことができないのでレンタルDVDでも借りようかなぁと思っていたら、とわちゃんのお父さんが「昨日(23日)にテレビでやっていたよ」と、言うではありませんか。
 ムムッ。早速、確認したらありましたねぇ。こちらもデッキから消える前にDVDに落とした。
 これで、とりあえず高倉健さんの永久保存版DVDが3枚になる。
 少し前のブログで健さんはあまりにも格好良すぎて「何となく納得がいかない」と書いたがこの三本の画像を見て、そして佐藤さんや大谷さんのコラムを読んで「納得できる人」だったと訂正しなくてはならない。

 ところで『網走番外地』のビデオテープ。もう観ましたのでどなたか再生デッキを持っている方に差し上げます。


本日ボクはその昔、映画館から出た時に誰もが「高倉健になっていた」状態で本日のブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

夕顔瀬映画館ってどんなところだったのですか?
昔夕顔瀬に住んでいた26歳です。
夕顔瀬に映画館があったと聞いて調べてここにたどり着きました
場所もだいたい把握したのですが想像できなくて
教えていただきたいです

夕顔瀬東映

再開さん

コメントありがとうございます。

「夕顔瀬東映」という映画館は私が学生時代ですから
50年ほど前に良く通っていました。
場所は岩手大学方向から夕顔瀬橋を渡って夕顔瀬通り
に入ります。入ってすぐの左側に本屋さんがあって、
その向かい側に「夕顔瀬東映」がありました。
当時、通称映画館通りというのがいわゆる繁華街にあ
って封切館でした。
「夕顔瀬東映」は少し遅れた映画などが格安料金で3
本立てで上映されていました。3本を観るのですから
4時間は暗闇の中でスクリーンを観ています。
たいていはポケットに小さなウイスキーの小瓶を入れ
て楽しんでいました。
冷房はなく暖房は大きなストーブが設置されていたと
思います。
いずれにしても多くの映画を観たのですが高倉健や東
京オリンピックの映画などが今でも印象に残っていま
す。
いつ頃に閉館になったのかは私も盛岡を離れてしまい
ましたので定かではありません。

まぁ、場末の映画館ってところでしょうが私にとって
は(多くの仲間たちにとっても)青春の大切な想い出の
場所です。

詳細はかなり記憶の彼方に消し飛んでいますが・・・。
こんな感じで「夕顔瀬東映」リポートはいいんでしょ
うか?

No title

あそこらへんは今も古い建物が多くてあまりかわってないと思ってました

夕顔瀬東映
写真だけでも見たかったなぁ

小さいころと比べると少しずつ景色はかわってるので少しでも写真に収めたいと思います。
すごく貴重なお話ありがとうございます。

劇的な変貌

再開さん

夕顔瀬橋付近と言いますか、盛岡は私が学生時代に
済んでいた時から劇的に変化していました。
特に私が盛岡を去ってから2年後の岩手国体でそれ
こそ劇的な変貌を遂げたと私は感じました。
毎日のように(ほとんどサボって通学しないこともあ
りましたが・・・)通っていた夕顔瀬通りも大きく変
化したと思います。

写真などに撮っていればいいのでしょうが、当時はカ
メラなんかもありませんでしたし・・・。記憶の中に
しかありませんね。

ブログに訪ねていただきありがとうございました。

No title

そうなんですね。
国体はたしかに大きかったかもしれないですね。
今年も国体ですが…


正月から良いお話聞けて嬉しかったです。
ありがとうございました。

久々にまた来てしまいました。

小さい頃に住んでた街を最近は毎晩思い出してしまってます。
お体ご自愛ください。

Re: タイトルなし

再会さん

ブログを見ていただきありがとうございます。

私にとっても盛岡の夕顔瀬橋付近は毎日のように通っていた
懐かしい場所です。
ブログに書いた夕顔瀬東映の前には本屋さんがあって、あの
頃推理小説が好きで雑誌を購入したりしてました。

おそらく今では当時の夕顔瀬通りの映画館はもちろん商店も
全部なくなってしまったと思います。

懐かしい通りです。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR