問題は低投票率

大雪の中で

 今日はとわちゃんとわかちゃんが遊びに来た。ボクは外に出ることができないが二人は家人と一緒に外で雪だるまを作ったりして遊んでいた。ただ、わかちゃんは反抗期だと思うがこんなに寒い日でも防寒着を着ない。着せても前のファスナーをしめない。そして、すぐに脱ぐ。そのために外からすぐに連れ戻されてしまった。さすがにネーちゃんのとわちゃんは外に出て小さな雪だるまを作ったと写真を撮ってきてくれた。
PC143743.jpg

 家の中に入ってからはお絵描きである。これがとわちゃんの描いた「アンパンマン一族」
BB_00098.jpg
そう言われればそうかもしれないなぁと思うのだが・・・。これでいいのです。

 そして、これがわかちゃんの描いたもの。わかちゃんが言うには「ウンチ」とのこと。
BB_00108.jpg
まぁ、そうですね。「ウンチ」や「ブー」などという言葉がとても好きな時期である。

 そして、二人と食事をするとボクが食事の世話をしているのか彼女たちに介護されているのかよくわからない状況になる。こうやって時間が少しずつ経過してくれるのでしょう。
 ジジバカにとってとてもありがたい二人であります。



秋田県は50%割れか?

 午後8時過ぎからテレビ局では総選挙報道一色になった。結果は事前にマスコミが予想したとおりになりそうだ。で、テレビを見ていたら秋田県の投票率が話されている。午後7時半で30%弱との報道。これじゃあ期日前投票の数を組み入れても秋田県内は過去最低になる可能性がある。
 友人からメールが届いた。そこには一言「低投票率は無効ですね」とあった。この言葉が今回の選挙を最も良く表していると思っている。
 いずれにしても選挙は終わった。自公政権に白紙委任したわけでないことは確かなのである。そして、近いうちに選挙の分析が新聞などに書かれると思うが、実際の投票率と自公政権が得た全有権者あたりの得票率の比較に注目したい。ボクの予想では30%にならないと考えている。それで好き勝手な政治をやられてはかなわない。
 つまり「低投票率は無効」と言うことだ。



ケガをして一番気になるのは雪のことだ。雪という名の女ではありません。積雪のことであります。家の周りの除雪、カーポートの屋根の雪下ろし。などなど気になるのだがままならない。やきもきしても仕方がありませんが身体が思うようにならない人間の気持ちがよくわかります。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

選挙

 選挙で一番問題があるのは,やはり小選挙区制である。これだと僅差でもマル穫りになる。秋田1区を例にすればT候補は47%の得票率で当選し,結果として他の53%の票は死票になる。日本全体で,このような仕組みを集積した結果が自民大勝ということで国民の意志が正しく反映されているのではない。比例区というものを併用しているがこれはこの大きな欠点をぼかすためのまやかしである。
 ある地域に起こったどんな問題でも,そこから選出した議員一人で解決する時代ではない。政党という大きな力で選挙区の枠を越えて解決しなければならない。これはそれに逆行する選挙区制度でないか。
 小選挙区制を考えた者に,かなりのずる賢さを感じる。

小選挙区制は廃止すべきです

町や空に さん

コメントありがとうございます。
日本に小選挙区制は似合わない制度だと私も考えています。
小選挙区選を導入する頃に組合で反対の方針が出たことを思い出します。その時には少ない得票率で多くの議席が出る「ゲリマンダー」になると言われてました。何となく理解できたようなできなかってような気がしますが、今になればその指摘は正しいものだとわかります。小選挙区制を導入した自民党のずる賢さが今現実になってきました。

比例区併用はまやかしそのものですね。どうせならば全部小選挙区制にすべきところかもしれません。死に票もなくなりますし、一票の格差問題もこれで完全に解消します。もっとも、そんな国民の「ためになる」ことは間違っても自民党はやりませんけれど・・・。

あきらめずにダメなことはダメだと考え続けることが必要かもしれませんね。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR