通信「元気が一番」

友人からの伝言

 大学のクラスメートN君から家族通信と言いますか自分通信と言いますか「元気が一番」が届いた。
P1050016.jpg
通巻49号であるから1年に1~3号を発行しているとすれば30年近く発行し続けていることになる。すごい継続力だなぁと感心している。
 N君とは大学で同じ研究室だった。当時、ボクたちの研究室は専攻する学生が少なくN君とボクと二人だけ。もう一人いたのですが一緒に卒業することはなかった。
 さて、「元気が一番」は彼が日常的に思うことや家族のことを飾らぬ思いで書いている。写真も掲載されてほほえましい様子が伝わってくる。写真はモザイクを入れています。
 そして、政治的な動きについても鋭く書いている。通信の最後に「戦後70年」として次のように書いている。
『奴らが平和を語ると武器が売れ
 国を守ると叫んでは戦争をやり
 庶民を犠牲に戦争屋を太らせ
 軍事費の増で国を倒産させる
 俺達が戦争を語ると戦が始まる
 手を結ぼう、共に生きよう
 安保条約廃棄、憲法破壊反対で』
なるほどそうなんだようなぁ。と思った。そして、彼は次のように書いて「戦後70年」を結んでいる。
『じめじめせずに笑え笑え、友も生まれ元気も生まれ、生きる力も湧いてくるように』

 要するに辛気くさくならず、しっかりと見つめようゼとの気持ちだろう。彼の気持ちがとてもよくわかる。通信ありがとう。


久しぶりに職場へ

 今日から仕事始め。と、言ってもボクはまだ仕事に復帰できる脚の状態ではない。それでもこれからの治療や見通し、休暇について打ち合わせるために職場に行った。
 久しぶりに簡易積雪計を見た。
P1050013.jpg
積雪約80センチ。前回、12月24日に見た時は70センチほどだったから年末年始でそれほどの積雪はなかったことになる。
 そして、駐車場に穏やかに晴れている。
P1050014.jpg
ウーム。外に出ると情報量が違うなぁ。と、つくづく思った。
 本店の社長が言う「しゃば」の空気は良い。もう少しの辛抱だ。


本日のブログはこれにて終了です。

   金持ちのおこぼれ待てと言うけれど金持ち達はしわい屋ばかり

コメントの投稿

非公開コメント

トりクル充電

家族通信良いですね。その継続期間もです。

バッテリーの充電にトりクル充電と言う方式が有った。
要するに今の経済政策は、上の人達が腹一杯になったら、
その溢れる落ちる物を、口を開けて待っていろと。
何とか平蔵なんかがいつのまにか、民間代表としてチョコンと座に着いている。
しかしその上の人達の腹は、満腹と言う事を知らない。
あれこれと名目を付けて貯める一方なのだがね。

溢れても回らない

パパさん

家族通信なかなか良いです。たんたんとした中に歴史が刻まれていてすごいなぁと思っています。

そうですか。バッテリーの充電にもトリクル充電があるのですか。あふれて落ちてくる物を待っていろとは。まったくダメですね。

パパさんの言うとおり金持ち達の腹は満腹をしらないと思います。いくらでも貯め込んで自分たちだけが儲ける。ひどい話です。

何とか平蔵などの「あの(=_=)」が何だかムカッとします。

No title

>安保条約廃棄、憲法破壊反対で

日米安保を破棄すると、米軍の支援が無くなることを意味します
日本の軍事ドクトリンは米軍の支援が前提で作られており、そのためGDP比で1%前後と、英仏などのGDP比2%以上という国々よりずっと負担が軽く済んでいます
つまり、無くなった在日米軍の戦力分を自衛隊の増強で補うことになりますから、むしろ自衛隊の増強となります
米軍の支援が無くなり、自衛隊の戦力も増強しないとなると、ただ単に日本が弱体化するだけとなり、東アジア地域の不安定化を招きます

フィリピンから米軍が撤退した後、中国はフィリピンが領有権を主張していたのミスチーフ環礁を実効支配しました
中国の周辺国では同様の事例が次々と起こるでしょう

さらに恐ろしいことは、世界最大の軍事大国・米国が日本を仮想敵国とすることです
まさに戦前に逆戻りです
日本が「仮想敵国としないでくれ」と言った所で、在日米軍を撤退させた日本の言う事など聞く義務はありません
まさに戦前に逆戻りです
同盟とは、同盟国を味方につけるだけでなく、敵に回さないという重要な意味もあります
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR