坊ちゃん石けん

肌に優しい石けん

『親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。小学校にいる時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰を抜かしたことがある。なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかもしれぬ。別段深い理由でもない』
 何度も読んだ夏目漱石の小説「坊ちゃん」の出だしである。これに影響されたことは言うまでもありません。なぜ、「坊ちゃん」が出てきたのかと言えば・・・・。
 年末に塩釜に行った時の話。若いお母さんや年取ったお母さん(要するにババたち)が会話している。
「坊ちゃん石けん無くなった」
「坊ちゃん石けんって何?」
「白い石けんで肌にも優しくて赤ちゃんにも良いよ」
「フーン」
「それって宮城で作っているはずだよ」
こんな感じの会話が弾んでいた。
「坊ちゃん石けん」のことだったのである。

 そう言えば我が家の風呂場に置かれていた白い石けんのことだなぁと思いついた。ところでボクが風呂場で使うのは基本的に石けんがちょっとあればいい。もちろんシャンプーなんかも必要ない。高級な石けんも必要ないし、プラスチックに入ったビューと出して使うソープなんてヤツも不要だ。まぁ、石けんなんかは無ければ無くてもいいのだが・・・。
 それはともかくとして坊ちゃん石けんが我が家の風呂場にあったのだが最近無くなったようである。そんな話題で皆が使ってみたいなぁと言っている。
 それじゃあと調べたら仙台にある株式会社畑惣商店で制作販売していることがわかった。早速、ネットで注文。年末年始が終わり会社が始まったようで着払いで坊ちゃん石けんが届いた。
P1060013.jpg
パンフレットには次のような言葉がある。
『きれいに、豊かで、美しく 自然と調和する企業活動をすすめています』
 良い石けんだと思います。これを先日集まった皆に分けて使ってもらうことに。


今日も終日わかちゃんと過ごす。彼女は絵の具を持ちわけのわからない色を塗って「ジジ」と持ってくる。写真を撮れと言うことのようだ。それがこの一枚
P1070014.jpg

    七草をお雑煮にして一区切り日脚2センチ延びたようです

これにて本日のブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR