徘徊老人になってしまった?!

湯治に

 好天になった。雪もそれほど降っていないので久しぶりに湯治に出かけることにした。打ち身・打撲・筋肉痛など諸々に効能のある戸波鉱泉にGOである。自分で運転もできるし、ちょっと遠出するのも悪くない。
P1240020.jpg

 と、言うわけで本日は家人同伴で戸波鉱泉で湯治をした。弱アルカリ性の鉱泉に入り脚の曲げ伸ばしなどを何度か行ってきた。なかなか良い感じである。


 戸波鉱泉の帰り道。十文字町にあるラ○キーというスーパーセンターに寄った。少しは脚も回復しているだろうと思い、松葉杖を一本だけでノコノコと大きなスーパーの中に入った。つまり、三本脚での買い物である。
 久しぶりにスーパーセンターに入ってみると見る物、聞く物珍しい。
 この感覚は中学校3年生の時の修学旅行に似ている。わが外小友中学校の修学旅行は東京だった。東京では銀座三越(だったと思う)の店舗に入ることもコースに入っていた。
 田舎者のボクは大きなデパートなんかは見たことがない。せいぜい秋田市の木内デパートを見て仰天していたくらいだ。東京の三越は広いし品揃えがものすごくウロウロキョロキョロした。集合時間などはすっかり忘れてしまった。まるで浦島太郎状態。
♪乙姫様のごちそうに 鯛やひらめの舞踊り ただ珍しく面白く 月日のたつのも夢のうち
アッと気づいて、集合時間をかなり遅れて合流した記憶がある。まったくの、お上(のぼ)りさんですね。
 今日の十文字ラ○キーではそんな状態だった。松葉杖で歩いていると休憩所では将棋を指している小父さんたちが二組居る。ウーム、と思い遠くから少し観戦。すると何となく小父さんたちに睨まれたので退散退散。
 オッ、本屋もあるなぁ。どれどれと眺めたら郷土の本や雑誌のコーナーが充実している。何冊か手に取ってみて「よしよし次に来た時には買おう」。
 除雪機もあるなぁ。この冬はなかなか売れないかもしれないなぁ。ブツブツブツ・・・。
 いろんな物体や人物を観察しながら、徐々に車を降りた入り口に向かっているつもりだった。そして、自動ドアで外に出たら・・・。アレッ見知らぬ場所だ???慌ててもう一度店の中に戻った。
 ピョコタンピョコタンとスーパーセンター内で結構な距離を歩いたのは確かだ。でも、自分が入店した場所を間違うはずがない。
 するとポケットで携帯電話がブルブルとうなっている。家人が
「どごさエッタンダァ!」
と、ご立腹の様子。
「車に戻ると思っているんだども・・・」
結局、スーパーセンター内で迷子になってしまった。

 映画「ショーシャンクの空に」で刑務所から仮出所した老人が働いている時に、いちいち「トイレに行っていいですか」と聞くなど狭い範囲だけで生活してきた後遺症の場面を思い出した。
 ボクも、しばらくは50センチの世界でしか生きていなかったので荒野(広野)に放たれて右も左もわからなくなってしまったのだ。

 これは徘徊老人の典型だろうなぁと思いながら、もと来たルートをとぼとぼ帰ってみたら、いましたいました鬼の形相の家人が・・・。結局ボクは捕獲いや捕縛違うなぁ収容(かな)されて自分の車に帰ることができた。
 反省。キビキビと動くためには、まだまだ松葉杖は二本必要であるってことですね。

と、言うわけで本日は気づきのあった良い日だったことにしよう。でも、少し疲れました。これにて本日のブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

徘徊

空港等に行き何となく置いた車を、戻ってから探す事が有った。
それからは置く時に、キチンと目標物を定めてから、
離れるようにしています。
しかし今の新しい年代の車は、キーレスで開けるとウインカーが、
点滅をするから、余程の事が無い限りは車を発見出来るのだろうと、
日々15年物の車の中から眺めている私です。

Re: 徘徊

パパさん

空港でも大きなスーパーでも広い駐車場に車を置く時には
かなり慎重に場所を確認しておかないと車を迷子にしてし
まいます。何度か車がネーナァとウロウロと探したことが
あります。ハイ。
キーレスで開けてピッピッと光っても、とんでもない方向
に行っている時があり本当に注意が必要です。

徘徊老人になりつつある私です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR