ガラケー一筋

窓からの景色

 三階の窓から下を見た景色である。
P2120026.jpg
一昨日までは白一色だった。一旦、雪がやむとすぐに駐車場も道路もアスファルトが顔を出す。春は近いのだろう。



携帯電話受難の日

 トイレの掃除はとても大切である。そんな気持ちで教室棟のトイレ掃除のやり方を教えていた。普段は校内で持ち歩かない携帯電話を今日はなぜか胸ポケットに入れていた。

 ところで、学校の大用のトイレはいまだに和式便所。おそらく学校のトイレは日本の建造物で一番遅れている設備ではないかとボクは思っている。
 学校のトイレがきれいになったらいいだろうなぁ。学校トイレの近代化は教育行政としては道徳の教科化や小学校の英語授業などよりも優先的にやるべきことなのだが・・・・。もしかしたら教育行政のトップにいる人たちはそんなトイレの掃除をしたことがないのかもしれない。などと余計なことを想像してしまう。

 それはともかくとして和式トイレはきれいにしかもていねいに使わなければ便器の縁にUNKOがへばりつくのだ。自分の出した物体は自分で始末してゆけばいいのだが、そのままにして知らんふりをして逃げるように出て行く不心得者が多いのも事実だ。
 それを掃除当番は掃除しなければいけないのだ。もちろん使い捨てのゴム手袋をつけてやるのだが子どもたちは嫌がる。そりゃあそうでしょうね。自分の家でも掃除なんかしないだろうからねぇ。その掃除の仕方を身をもってボクは教えるのであります。
 今日は初めての子たちがいたので
「よしっオレがやる」
と、言って便器に洗剤をシュッシュッと吹きつけブラシで磨き、ティッシュできれいに磨き上げた時に事件は起きた。
 ボクの胸ポケットに入っていた携帯電話がチャポンと便器の中に落ちたのである。幸い(まったく幸いではないが)、ゴム手袋をつけていたので水の中からすぐに拾い上げた。ディスプレーを見ると待ち受け画面も大丈夫のようだ。よしよしっと思いながらトイレットペーバーなどでしっかり水を拭き取って電池などを取り出してさらに拭き取った。
 そして、電池を入れたら何ということでしょう。電源が入らない。アリャリャ・・・・。これじゃあダメじゃん。

 ド○モに行かなければいけない。ところがそのことを連絡するために家人などに連絡しようとしたが電話番号がわからない。すべての連絡先は携帯電話の中なのだ。自宅の電話番号はわかっているが、この時間帯はとわちゃんを迎えに外に出ているはずだ。
「どうしよう」
電話番号など端っから覚えるつもりはなかったからわかるはずがない。紙の手帳やノートにも住所録を書いてない。必死になって連絡する方法を考えた。そして閃いたのであります。本店の社長は家人の電話番号を知っているはずだ。と。
 そこで「本店」に電話をしました。従業員の方から社長の携帯電話番号を教えてもらい電話をしました。それで何とか家人の電話番号がわかった。
 家人に電話をしたら出ない、出てこない。アリャリャ・・・。これじゃ仕方がないと思い携帯電話屋に向かった。

 結局、携帯電話には保険がかかっていたとのこと。5000円ほどで新しい同機種に交換してくれることになった。それにポイント3000円分くらいあるので2000円くらいで機械は何とかなる。同機種が届くまでの2日間くらいは貸し出しの臨時電話を持つことになった。それがこれ。
P2120027.jpg

 で、問題はデータ。マイクロSDカードにその都度電話番号などは保存しておいたので電話番号は全部生き返った。

 実は一瞬「iPhone6」に気持ちがグラリと動いた。でも、使用量が高いし電話はガラケーで充分であると思いとどまった。最近はガラケーの売れ行きが回復しているらしい。やはり基本は「電話、もしもし」なのであると考える人が増えているのだろう。ボクはその考え方が正しい認識だと思いたい。へそ曲がりですけれどね。

 そんなわけで本日は携帯電話受難の日でありました。本店の社長には大変ご迷惑をかけたことをお詫びしたい。でも、とても助かりました。彼もスマホになったらしいなぁ。ボブ・ディランではないですが「時代は変わる」ですね。

教訓その1。身近な人たちの電話番号は紙に書いておくこと。
教訓その2。保険はあくまでも保険としてかけておくと良いこと。
教訓その3。友人はありがたいこと。
教訓その4。自分は確実に退化(老化と言ってもいい)していること。

これにて本日のブログは終了です。

  「学問の自由は、これを保障する」なんと素敵な二十三条

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR