党首討論を見て・・・

白のツツジを

 今、二つの職場に交互に通っている。一つの職場は白のツツジが満開である。これを横目で見ながら玄関に入って行く。なかなかに良い気持ちになれる。
P5200071.jpg


昨日、国会では党首討論がおこなわれた。民主党、維新の党、共産党の3人の党首が安倍首相と討論をかわした。どんな展開になるのかなぁと興味深くテレビをみた。
ところが、がっかりである。安倍首相という人はまともに各党の党首の質問について応答しないのである。「はぐらかし」と言ってもいいだろうなぁ。
印象に残ったのは次の点。
民主党の岡田党首の質問「集団的自衛権でリスクは増すのか?」という質疑に的外れなダラダラとした馬のションベンのような答弁を垂れ流すのみ。
維新の党の松野代表の「(新安保法制は)これだけ重要な法案だから国会をまたいでも充分に審議すべき」との提案に対しては無視したような答弁。
さらに共産党の志位委員長の「過去の戦争はポツダム宣言に日本の戦争は侵略戦争だった。その時の戦争は良い戦争だったか,悪い戦争だったか」の質問には「ポツダム宣言は読んでいない」と答え戦争の善悪についての言及はなし。志位委員長に戦争の善悪がつかない首相に新安保法案を提出する資格はないと最後に言われる始末。
いずれにしても安倍首相の妙ににやけた討論風景を見ていると8月までは新安保法案を成立させると国会開催前に約束したアメリカとの約束を守るために強行採決に向かうとの意志を感じた。
アーァ、こんな人たちをなぜ選ぶんだろうなぁと思いながら、いやいや諦めちゃあいかんなぁと今一度考え直した。

    蕩々と自説展開安倍さんの後ろに見えた祖父ちゃんの霊


本日のブログはこれにて終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

党首討論

途中から少し見ましたが、彼の頭の中には、まともに討論をしようと言う考えは無く、ただハグラカシの事を話して、時間の経過を待つのみ。こんな人の言う事にまともに、付き合った、野田さんが気の毒に思える。国会よりも美国との約束の方が、最優先なんだろう。こんな人をカシラに置いている国は、なんて言う国だろう。キノドクだね。
ニヤツイテいたように見えたのは、ナンデダロウネ。



国民を見ない人

パパさん

彼の薄ら笑いには国民をバカにしている心が私には透けて見えます。
だから話す内容は空虚ではぐらかしばかりだと思います。

今、考えると最悪だと思っていた野田さんもまだ良かったなぁと思え
ます。
それだけ日本の政権はアメリカとの約束を守ることにまっしぐらの
戦争特需を狙っているとしか見えません。非道い状況になってきてい
るのでしょう。

こんな人間が日本のトップになっている。いずれ彼もボロを出してダ
メになるんでしょうけれど・・・。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR