「お手伝い戦争」

 今日も新聞の切り抜きで申し訳なし・・・。外に出ても写真を撮ることがなく夏休みの最終日を過ごしている。
 さて、この記事は昨日(2015.8.22付)朝日新聞に掲載された内容である。
P8220119_0000.jpg

 『時代のしるし あんな死に方もう二度と』と題して「ガラスのうさぎ」を執筆した作家の高木敏子さんのインタビュー記事である。とても印象的な高木さんの言葉がある。それは高木さんが30年間、ずっと訴えてきたことだという。

『この国は油断していると「お手伝い戦争」をするようになる。だから、注意してしないとだめですよ』

 アメリカの言いなりになって世界中の戦場へいつでもどこへでも手伝いにゆこうとしている。まさに「お手伝い戦争」である。このお手伝いが「蟻の一穴」になって憲法が守ってきたものが、崩れそうで怖いと高木さんは語っている。
 今、高木さんの言うとおりの時代になってしまいそうである。何としても阻止しなければいけない。


本日のブログはこれにて終了です。

  アメリカのお手伝いする戦争に出してはダメだ九条守る

コメントの投稿

非公開コメント

マスコミが

WEBのニュースを読んでいたら、あるTVに良く出て来る人が「戦争法案と書き立てる」
マスコミが悪いと言っていたとの事。又その親玉がマタマタ、自席からヤジを飛ばして、議長から注意の上謝罪をしていた。
懲りないお人ではある。

Re: マスコミが

パパさん

「戦争法案と書き立てる」とか「戦争法案と言っている」などと
言いながら、さま平和のためだと言いながら「お助け戦争」に出
てゆくための法案を成立させようとしている。
その親玉が自席からヤジを飛ばしている。まったく懲りない男で
す。学習機能が働いていないんでしょう。
ダメですね。 
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR