『野球に強くなる』

ぼくらの入門百科

 相撲とプロ野球が好きだった。どちらも生で見ることはなくラジオで相撲や野球の中継を聴くだけの子どもだった。もちろんテレビなんかは無かったから当然なのだが・・・。
 先日、ヤフオクで秋田書店発行の『野球に強くなる』が出ていた。送料の方が高いのだが格安でゲットできた。それがこれ。
IMG_0001.jpg
昭和37年10月15日発行で昭和44年7月30日(39版)となっている。お値段220円也。

 この本を持っていた子どもはすり切れるくらい読んだんだろうなぁ。あちこちにミカンのシミのようなものが付いている。もしかしたら泥んこかもしれない。それほど読み込んだ1冊なのである。
 口絵は下のような「打撃ペスト10」になっている。
IMG_0002.jpg
ここに出ているベスト10人は次の通り。
長嶋茂雄(巨人)、榎本喜八(東京)、武上四郎(サンケイ)、張本勲(東映)、野村克也(南海)、王貞治(巨人)、近藤和彦(大洋)、江藤慎一(中日)、高田繁(巨人)、柴田勲(巨人)。
 何ということでしょう。巨人の選手が4人も入っている。でも、この頃の巨人は強かったしV9の途中だったかスタート地点とかだったはずだ。仕方がないでしょうね。
 この口絵に載っているその後「世界の王」とよばれる王選手は『カカシ打法でホームラン』と書かれていてフフフと笑わせてくれる。

 チームづくり、守備、打撃、作戦などについて当時の野球少年たちに向けた書かれている。元阪神監督の藤本定義さんが著者である。

 これをパラパラとめくって代表的な選手たちの名前とチーム名を見ていると現在とまったく違う懐かしい選手名やチーム名が出てくる。今はない南海ホークス(ダイエーホークスの前身のはず)、西鉄ライオンズ(西武ライオンズの前身)、東映フライヤーズ(日本ハムファイターズの前身)、大洋ホエールズ(DeNAベイスターズの前身)、国鉄スワローズ(ヤクルトスワローズの前身)などなどである。チーム名では広島、近鉄、阪急、などがこの本では出てこない。当時は弱かったからなんだろうなぁ。
 そして、後に八百長などで黒い霧事件に巻き込まれた投手名もあったりして別の意味でも懐かしい思いをした。

    あの頃はラジオに耳を近づけてノイズだらけの野球中継

 ところで、この表紙の裏側に「大矢正成」と子どもの字体で墨痕鮮やかに名前が書かれている。大矢君は野球小僧だったんだろうなぁ。とても理論的な良い子だったと想像している。今頃は還暦に手が届こうという年代なんだろうなぁ。


気圧配置が西高東低になってきたようだ。ボクの住んでいる山奥でも強い風が時折吹いている。あまり荒れないでももらいたいなぁ。本日はこれにて生存証明です。

コメントの投稿

非公開コメント

ラジオ

小 中 高と過ごした学校時代に、野球放送の中継を聞いた記憶は、
余りないです。年の離れた兄が余り聞かなかった、せいでも有る。
しかし新聞での球団成績は観ていたように、思う。
高橋ユニオン? なんて、記憶に有ります。トンボ鉛筆で無かったか。
中学生以降はラジオと言えば、無線のラジオ一色だったのです。
それが今に続いているようです。

私も、野球少年でしたな

久しぶりのコメントです。
藤本監督の著者、良いですね。我タイガースから、好打者名がありません❗当時のタイガース、ダメトラでしたから。
長嶋のデビュー戦、金田から連続三振の実況放送を、ラジオで聞きました。ノイズ越しに、ラジオに耳をくっ付けながら・・・。
野球少年という、月刊雑誌もありましたね。

大矢さんについて

「野球に強くなる」の元持ち主は、東邦高校のバンビ坂本の1年生時代のキャッチャーである「大矢正成」さんではないだろうか・・

NHK高校野球、甲子園の解説で良く出ておりましたが・・

Re: ラジオ

パパさん

パパさんは野球放送の中継をあまり聴かずに、結局はラジオ作りに熱中した
ラヂヲ少年だったと言うことですね。
それはそれで羨ましいなぁと思います。

高橋ユニオンは私の知っている時代の一つ前だと思います。記憶にまったく
ありませんので・・・。
私が野球を知った時にはセパともに6チームになっていたような記憶があり
ますが定かではありません。

Re: 私も、野球少年でしたな

車さん

コメントありがとうございます。
車さんも野球少年だったようですね。ラジオに耳をくっつけて必死になって
試合の模様を想像して聴くワクワク感を味わった世代で懐かしいです。

この元阪神監督藤本さんの本でタイガースの選手で出てきたのは村山投手、
小山投手、吉田遊撃手です。打撃では誰も出ていないようです。それだけ、
自チームには厳しかったのかなぁと思いました。

車さんは世界一周に出るようですね。素敵な旅をお祈りします。

Re: 大矢さんについて

秋田の野球好きさん

そうですか。この本の元持ち主は、あのバンビ坂本さんの捕手だった可能性が
高いんですね。そしてNHKの高校野球解説者だったかもしれないとのこと。

そうだとすれば素敵な出会いの1冊だなぁと不思議な縁を感じます。
コメント感謝します。

大矢正成さんは昭和52年の夏の甲子園で、バンビ坂本くんとバッテリーを組んで準優勝した東邦高校の選手だと思います。
私は大ファンだったので、その後大学野球~社会人野球と活躍されているところを、新聞のスポーツ欄で見つけては嬉しく思っていました。
現在もNHKの高校野球の解説者として活躍されていますよ。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR