工作・分子模型

赤パンツ

 今日もわかちゃんと一緒に物作り。
 分子模型を作った。化学で最初にひっかかるのは「モル」の考え方。それをいくらかでもわかりやすくということで1モルの重さを実現した分子模型が福島の「社会福祉法人 心愛会 障がい福祉サービス事業所 コパン・クラージュ」という所で作って販売している。福祉法人と言うくらいだから障害を持つ人たちの手作りで作られている。
 ボクは以前からそこから分子模型の材料などを購入していた。そして、夏にコパンの方にお会いしてモルの分子模型を購入していた。
 カラフルな分子模型をみつけたわかちゃんに
ダウンロード
「これは赤パンツの水」
などと教えていたら
「これ欲しい」と言い始めた。
 それじゃあ作ろうと小さな発泡スチロールの球を集めて作り始めた。
「おならブーブーのメタンだよ」
と、言うと「おなら」だけに反応して大喜び。
P1070135.jpg
わかちゃんの右手にあるのが水、メタン、わかちゃんの左手に持っているのがプロパン、メタノール、二酸化炭素などを作ってあげたら大事に自宅に持ち帰った。水だけをおぼえてくれたらいいのだが。 以上、ジジバカの戯言。



秋田県の状況は?

 昨日と今日の魁新報に下のような投書が掲載された。
新規ドキュメント 14_1 (1)
新規ドキュメント 16_1
どちらも秋田県議会が率先して政府に対して改憲論議を加速せよとの意見書に疑問を呈しているものである。
 まったくその通りだと納得する。戦争法案が国会で審議されている時には全国の都道府県議会の戦陣を切って早期の法案決着の意見書まで出したのである。秋田県の恥を日本にさらしたのであった。ところが当の県議会はどこ吹く風のようだ。

 思い返せば80年代の秋田県はまだ良識があったような気がする。8人の国会議員がいたのだが自民党4人、社会党3人、共産党1人とバランスがとれていた。
 ところが今は小選挙区制でボクの考えている、この人たちはいいよなぁと思う人たちは議会には出ることができない。小選挙区制はやめるべきだ。と、そして国会議員の歳費を半額か三分の一にして今よりも倍の国会議員を選出するべきだとボクは考えている。その方がもっともっと丁寧に国民を考える政治ができると思う。
 少し話は変わるが自民党一党独裁政権(まぁ、公明党が小判鮫のように付いているのだが・・・)になる時に、マスコミもこぞって「決められる政治」とかで参議院選挙で「ねじれ」を解消しようとして実現した。ところが、そのことが今の独裁政治につながっているのだ。
 つまり、参議院の存在意義とは何かの根本的な原因にぶつかる。すんなり衆議院の法案が通るようならば参議院は不要だと思う。参議院がねじれているからこそ色々なことが国民にとって見えやすくなるし、本当の民主主義の国になるとボクは考えている。

 そんなことを考えながら秋田県議会の意見書に秋田県民であるボクは大反対なのである。


本日のブログはこれにて終了です。

   会う人はみんなニコニコ挨拶は「ユギ降らねぐてえがったんすなぁ」

コメントの投稿

非公開コメント

漢字

頭の人が今年の漢字をと言われ、書く人である。
何をするにも、県議会とは仲間意識なのである。
全国に恥をさらしていると言う、感覚が無。
あの人の答弁も、ハグラカシに終始し、
まともな答弁も無しで議論も盛り上がらない。

理系孫の誕生ですね。!

Re: 漢字

パパさん

知事の漢字は何だったか忘れましたが県議会とは
一心同体です。
全国に恥をさらしている、県民の中にはなんだか
カンジョワリーナーと思っている人が多いことな
んか意にも介さない。カエルのツラにションベン
状態。困ったもんですね。

国会の答弁もはぐらかしだけ。朝日川柳に
『お答えは「思わぬ当たらぬ考えぬ」』という、
見事に突いていました。
話になりません。

理系孫と言うよりも物好き孫です。ハイ。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR