民意を蔑ろにするな

関東地方の大雪

 まぁ、雪はそれほど積もったわけではなさそうだが少しの雪で東京を中心とした関東地方の交通機関などはマヒしてしまう。朝、起きてラジオやテレビでは雪のニュースでもちきりだった。
 雪国のボクらはこれらのニュースをシラーッと見たり聴いたりしている人が多いはずだ。あの程度の雪で転倒するなんて・・・ぐらいでですね。

 今日は仕事場のある県境の町まで出かけた。町に近づくと道路の両側の雪の量がドンドン増えてくる。我が南外村も豪雪地帯だと思っていたが2割以上の積雪量である。1メートル近くの積雪があるようだ。
 とりあえず道路から見た雪の壁を撮影してみた。
P1180133.jpg
この大荒れをもたらした低気圧は北海道沿岸に達したようだ。
 明日からは秋田でも大荒れの予報。どうなるかなぁ。もし、あまり荒れたら仕事は・・・・。


民意の表出

 台湾の総統選挙で新しい女性総統が誕生した。これまでの政策で台湾が中国に接近しすぎたことに対する国民の意思は「ノー」だったということのようだ。これが民意なんだろうなぁと思った。
 今、沖縄宜野湾市長選が告示されている。普天間基地のある都市の注目される選挙である。政府自公が協力にプッシュしている候補と沖縄の翁長知事が推薦している候補との一騎打ちになっている。
 最近はオール沖縄とのことで知事選、衆議院議員選、名護市長選挙などで政府自公が推す候補を次々に破りオール沖縄が勝利してきた。それが「民意」として辺野古への普天間基地移設も反対を貫いている。もっとも政府は意に介さずにどんどん基地移転工事を継続している非道い状態になっている。つまり民意を蔑ろにしているのだ。
 もし、宜野湾市長選で政府の推す候補が勝ったら「ここを先途と」アベシンゾーたちは辺野古の工事に邁進することだろう。
 「民意」がどう出るのか。注目している。もちろん、翁長知事の推す候補の勝利を期待しているのである。


昨日の酒が効いている。何だかボーッとしているのだ。今日は早めに休んで明日に備えよう。本日のブログはこれにて終了です。

    なぜこうも首相の言葉は軽いのかパートの女性二十五万円

コメントの投稿

非公開コメント

そんな事は言っていない

そんな金額のパートは居ないと問われて、
「そんな事は言っていない」と、白々と言い返す。

官邸の代理選挙、民意はこれまでの選挙で明らかなのに、
県の頭越しに、自治体の首長に税金をバラマクと言う、
醜態を。クダの官房は選挙の為には何でも有りだよね。

アベル?

パパさん

あの人は誤魔化し、詭弁、言い逃れ、最後はシラを切る。
これらを称して「アベル」と言うらしいです。
用法は、論点をずらして自分の都合の良いことを言い始め
た相手に対して
「またアベルが始まったぞ」
のような感じで使うと良いようです。
これも本当かどうかわかりませんが・・・・。
でも、アベルはいずれ破綻するでしょう。
湯沢出身のクダ(らない)官房長官の性格はどこで培った
んでしょうね。湯沢の人たちは心の広い人が多いんですれ
れどね。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR