旅立ちの季

間もなく放流

 大曲駅にサクラマスの稚魚を展示していることを以前のブログに書いた。昨日、電車で移動する時に大曲駅に寄ったら鮭の放流について「さかなクン」の描いた絵をポスターにして飾っていたのである。
P3230151_0000.jpg
大曲の花館地区では雄物川に合流する玉川の支流で鮭の放流事業を長い間おこなっていたという。ポスターを見ると放流事業から120周年とある。
 ボクの父は花館地区出身。生まれが1913年。生きていれば103歳になるのだが、その前から鮭の放流事業はおこなわれていたのである。父は生前よく花館の「孵化場」のことを話していた。何だか懐かしいなぁと思いながら一枚撮影した。

 で、昨夜は楽しくしっかりと呑んだのであります。ハイ。


ボクも旅立ち

 6年間お世話になった職場もこの3月で終了です。今日は宿酔いの頭をかかえて荷物の整理。まぁ、ほとんど捨ててきましたが・・・。
 そして、最後に冬場にお世話になった簡易積雪計を1枚。
P3240155.jpg
紅白のマーカーが10個全部見えている。つまり、積雪はほとんどないことになった。
 と、言うわけでボクも旅立ちです。我が社のK君も一緒に・・・。お世話になりました。


帰り道、あちこちの田んぼではハクチョウが餌をついばんでいた。
P3240154.jpg
ハクチョウも旅立ちの季になったのである。

   白鳥は雪消えの田に降り立ちてシベリアまでの餌をむさぼり


さぁ、これからW杯サッカー・アジア二次予選を見よう。と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

・・・お疲れ様

今朝の新聞に教職員異動が折り込まれてました。
「出会いと別れ」「卒業と旅立ち」・・・夢・感動のライフワークはこれからも続くでしょうが、一区切り「お疲れ様」でした。

DE,しばらく「♪夜がまた来る♪」と夕方に口ずさんでいました。日が暮れると無性に寂しくなり、物作りやアマ無線の趣味へ没頭し小さな「夢・感動」で日々を紛らわしてます。
ではミーテングで会いしましょう,GL

まずは一段落

Gypさん

昨日の新聞に教職員の異動が掲載されていました。
まぁ、私には関係のないことでして・・・。
これからも少しは役立つことができると思います。

「夜がまた来る、思いで連れて、オレを泣かせに」
小林旭だったと思います。ついつい口ずさんでし
まいますね。
またミーティングなどでよろしくお願いします。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR