「TPPの真実」とは?

 突然ですが友川カズキです。
 ボクは秋田の生んだ偉大なエンタティナーだと思っています。先日、BS朝日だったと思うが『ザ・インタビュー』という番組で友川カズキが取り上げられた。
 その内容を録画してDVD化してからじっくり見て、あらためて友川カズキという男の生き方を目の当たりにした。今回のドキュメンタリーを見て5年ほど前に秋田の映画館で彼のドキュメンタリー映画『花々の過失』を観たことを思い出した。そこでDVDを探したら廉価版が売られているので早速ポチった。コペンハーゲン国際映画ドキュメンタリー映画祭2009優秀賞受賞というもの。
 そして、以前もブログで紹介したが友川カズキからもらったサイン色紙を引っ張り出してウームとうなっているのであります。
P4080178.jpg


類は友を呼ぶ?

 今朝の朝日新聞(ばかりではないが・・・)にバドミントン五輪代表選手予定の選手が違法賭博に手を出していたことを報じている。その朝日新聞には下のような写真がある。
ファイル 2016-04-08 7 03 09
このキャプションを見ると『今年の東京ドームでのプロ野球開幕戦で始球式を務めた・・・選手』とある。どこの球団に招待されたのかは書かれていない。でも、写真を見ると何と言うことでしょう。あの賭博問題で揺れているYGではありませんか。エッ、これって皮肉なの?と思ったが事実のようである。
 こういうのを昔から「類は友を呼ぶ」と言うんじゃないかなぁと少し考えた。
 で、不謹慎ですがこの始球式の桃田君のフォームはなかなかいいなぁと個人的には感じたのではありますが・・・。

 でも、このバドミントンの若者たち。身から出たサビとは言え気の毒と言えば気の毒である。救済策はないものかなぁと思うのだが・・・。


今日は少し時間があったので国会中継をじっくり見られるぞ。と、思っていた。すると開始後1時間もしないうちに中断。
政府と言いますか石原慎太郎ジュニアの答弁のひどさと言いますか、全く国民に説明しようとする気持ちが伝わってこない。
ストップした原因は次のことがきっかけだ。
TPP審議委員会の委員長である西川公也という男が、アベシンゾーたちがあれだけ秘密だ公開しないぞという内容について『単行本 TPPの真実~壮大な協定をまとめあげた男たち~西川公也著 中央公論新社(2016/04/20発売)サイズ 46判 商品コード 9784120048463』として発売することになったという。
紀伊國屋のページには内容を次のように書いている。
『出版社内容情報 未曾有の多国間交渉での自国の将来をかけた駆け引き。自民党TPP対策委員長として最前線に立った著者が、その熾烈な内幕を明かす!』

石原伸晃はこの本のゲラ刷りのことについて「自分はこのような本の内容はわからない」とと話すだけ。質問者も含めて民進党の委員は委員会の席を立ってしまったのである。

審議の最初に民進党の質問者は、この本の存在がアマゾンから消えてしまったと言う。確かに消えている。確認できたのは紀伊國屋だけだった。注文も受け付けていたのに、この本の存在を知らぬ存ぜぬで通そうとする政権の隠蔽体質。しかも、当事者がTPPの審議委員会の委員長であることの異様さ。
許されるない。と、書いておきたい。


本日から3日連続の酒飲み大会。少し早めにブログアップします。

   平日に何もすること無いってのは妙にだるくて少し浮かれて

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR