高校野球はいいなぁ

寒い連休

 五月になりましたね。でも、昨日の連休スタートから寒い日が続いている。今日も10℃前後の気温だった。
 それでも南外の山々は「笑い」だしている。
P5010207.jpg 
いろいろなけだるい緑のパリエーションが、さぁこれから元気になるぞという思いを込めている。これが山が笑うってことなんでしょう。


疑問解決
昨日のブログに下の不思議な電車を載せた。
Marge001_20160501222515562.jpg 
 さすが電車や列車のプロである塩竃のお父さん。下のようなメールを送ってくれた。
昨日の写真はJR東日本の計測用の車両です、レールの歪やトローリー線や信号関係の
 総合検査ができる車両です。在来線の総合検査車両で定期的に検査をしています。
 ほかに非電化用の試験車両もあります。新幹線仕様もがあります、JR東日本は同じ
 デザインの車両ですが、JR東海はイエロードクターで黄色の車両です
昨日、停まっているこの計測用の車両の中を覗いてみた時に客車もないし何だか「秘密」の色が濃いなぁと思っていた。
 珍しい電車の車両に出会ったことでラッキーだったと言うことでしょうね。JR東海のイエローに出会うことがあるかなぁ。まぁ、ないでしょうね。
 情報を教えてくれた塩竃のお父さんに感謝感謝である。


KANO

 連休はヒマである。今日はたまたま借りてきた『KANO』というDVDを観た。
poster2.jpg 

 昭和6年(1931年)第13回全国中等学校野球大会。いわゆる甲子園です。
 その大会に台湾代表として初出場したのが松山商業出身の近藤監督が指導した嘉木農林高校(KANO)。
 詳しい内容は書きませんがこの映画を観ながら何度涙をこぼしたことか・・・。

 一つの場面を書きたい。
 この大会で嘉木農林と対戦した札幌商業のエースが戦争に召集されて台湾に赴く場面がある。
 彼は一人で嘉木農林のグラウンドを訪ねる。グラウンドに行く前に嘉木の町には『国民精神総動員』の戦争高揚の横断幕がかかっている。
 この横断幕を見てボクはアレッこれはどこかで聞いたことがあるなぁと思った。それはアベシンゾーが言う『一億総活躍』である。そうかぁ85年前の昭和6年と昭和91年の今でも「かけ声」は変わっていない。時代は巡るなぁと感じた。つまり、今の日本は戦時体制に戻りつつあるのかもしれない。
 それはおいといて・・・。札幌商業のエースは戦時体制になり荒れ果てている嘉木農林のグラウンドに立って甲子園で対戦した時のことを思い出すのである。

 詳しいストーリーは書きませんが、この映画は戦争の無残さ、国を超えた友情そして高校野球の素晴らしさを伝えている映画だと思う。
 3時間の映画ではあるが良かったなぁ。


  
笑点という番組がある。夕方観ていたら大切りで司会の桂米丸師匠が「父ちゃんどこかへ連れてって」と言ったらどう答えるかを問題とした。
それについて林家木久扇師匠が次のようにこたえていた。
『こういう時代だから憲法集会でも行こうか』
座布団一枚である。
5月3日の憲法記念日。ボクも憲法集会に出かけてみようかなぁと思ったのであります。

  憲法だそうだ今年は集会へ行ってみようとそんな時代(とき)です
 

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR