桑田佳祐「東京の唄」は良い

梅雨時の奥羽山脈

 湿っぽい天候の時に奥羽山脈には雲がボワーッと覆い被さって巻き込む状況だ。「あたかも」岩手県側から雲が押しつけられているような感じなのです。
P6300218_stitch.jpg

 話変わって「あたかも」と書いて「」をつけたのは、林家正蔵師匠がこぶ平時代に(もしかしたら正蔵を襲名してからかもしれないが)得意なマクラの話がある。
「うちの小学生の息子が国語の宿題をもってきたんです」
「〈あたかも〉を使って例文を作りなさいと言う題でした」
「息子の作った文を見て驚きました」
「それはですね〈ぼくの家の冷蔵庫にアイスクリームがあたかもしれない〉」
で、爆笑という正蔵師匠定番のマクラの噺・・・・・

 そんなわけで本日は湿っぽく蒸し暑い日でした。


桑田佳祐の歌

 WOWOW25周年記念で桑田佳祐特集が6月25日に放送された。タイトルが『偉大なる歌謡曲に感謝~東京の唄~』。それをDVDにして観たら、いいっすねぇ。
 桑田佳祐は60歳を越えたそうである。彼が一緒に演奏してくれたバンドのメンバーについて次のように語っている。
「ジャズだポップスだロックだと言っていたメンバーがノリノリでした」
歌謡曲が身体に染み込んでいるということなのだ。
 彼がメドレーで歌う曲を聞くと、ボクもほとんど口ずさめる。例えば「東京ドドンパ娘」「有楽町で逢いましょう」「唐獅子牡丹」などなど・・・・。
 「東京ドドンパ娘」はいいなぁ。
♪好きになったら はなれられない
 それははじめてのひと
 ふるえちゃうけど やっぱり待っている
 それは初めてのキッス 甘いキッス
渡辺マリという歌手が歌っていたが思議な歌だったがボクは好きな歌だった。

 最近、カバー曲を歌うことが流行っているようだ。例えば吉幾三。朝、ラジオを聴いていると吉幾三の歌うCDのコマーシャルが流れる。突然、欲しいなぁと思ったりするがポチッとする衝動を抑えているところ。

 考えてみるとボクが小学校6年生頃に初めて歌謡曲に目覚めたような気がする。それはフランク永井の「有楽町で逢いましょう」だった。
 それまではラジオドラマのテーマ曲を必死になっておぼえるくらいだった。「高丸菊丸」などを知っている人はいるのかなぁ。もしかしたらこんなラジオ番組などなかったかもしれないと思うようになってきた・・・・。
 しかし、フランク永井からは歌謡曲だった。中学になればクラスの誰かが雑誌「平凡」や「明星」の歌の付録を持ってきたの見せてもらい歌詞をおぼえた。三橋美智也は神様のような人だったなぁ。

 そして、ギターを持ったりして少しずつ好みが変わってゆくんですねぇ。ビートルズ、フォークソングなどなど。でも、結局は子どもの頃に染み込んだ歌謡曲は深い意味を持っているですね。

 そんなことを思い出しながら桑田佳祐の「東京の唄」を観たのであります。ハイ。


何だかわけのわからないことを書いてしまった。少々疲れ気味かも。これにて本日のブログは終了です。

     イントロはサウンド・オブ・サイレンス卒業のとき音に込められ

コメントの投稿

非公開コメント

山越えの雲

 奧羽山脈越えの雲がある時は,岩手県側が曇りと雨で,秋田県側は晴れの天気になっているようです。冷涼なオホーツク海高気圧(下降気流)のせいです。
 宮澤賢治の「寒さの夏はおろおろ歩き」という天気で,この時,秋田県側は山越えの気流のため,気温が上がり,農耕に適した状態になるようです。生保内東風(おぼないだし)というはこの状態を表しているようです。「宝風」と表しているのも理解できます。
 奧羽山脈の少し低い所(例:真木渓谷)から東風が移入しているのも目視できます。

私は、歌謡曲・演歌派ですね

こんばんは。
昭和の歌謡曲、大好きですね。特に演歌がお気に入りです。
三橋美智也・春日八郎・藤島恒夫・三波春夫・村田英雄・白根一夫・若原一郎・・・・・・綺羅星のごとく歌謡スターが生まれました。
勿論ひばりちゃんも大好き。HiーRock様のように、ビートルズなどの”洋楽”には移らないまま、今に至りました。
フランク永井大全集も持っていますよ。「恋さんのラブコール」が、カラオケでの、唯一の持ち歌でして。
前にもご紹介させていただいたと思いますが、五木ひろしは中学校の後輩です。

Re: 山越えの雲

町や空に さん

なるほど奥羽越えの雲はオホーツク高気圧の影響ですか。
「吹けや宝風」の生保内節は岩手は冷涼で秋田は温かな天
気になったことを言うんですねぇ。
30年近く前に秋田は豊作でしたが岩手・宮城は冷害だっ
たことを思い出します。

情報ありがとうございます。これから山を見るときの参考
になります。

Re: 私は、歌謡曲・演歌派ですね

車正吉さん

そうですかぁ。私は途中でフォーク・ロックに曲がりました。
何しろ、あのコブシを回して歌うことが下手くそでしたから・・
でも、しっかりと身にしみているのは歌謡曲です。車さんが
書いておられる歌手のヒット曲は全部知っています。すぐに口
ずさむことができます。もちろん美空ひばりもですねぇ。
何しろ小学校から聞いたのはこの人たちですから。
フランク永井の声にならないなぁといつも願っていました。
まぁ、絶対に低音にはなりませんでした。悲しい話です。

五木ひろしの故郷だったら演歌は好きでしょうねぇ。
歌謡曲と演歌は日本人の心の歌かもしれませんね。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR