大健闘、大曲工業高校

大曲工業高校の夏の甲子園が終わった。
埼玉連の花咲徳栄高校に6ー1で敗退。

しかし、よくやってくれたと思う。
地域の高校として夏の大会初出場。大方の下馬評を覆して堂々と大会屈指の好投手を擁した優勝候補と呼ばれたチームと渡り合った検討は称えられると思う。

先ほどまで大阪の友人と一杯飲んでいたが、地元の子供達だけで試合に臨んだ選手たちに大きな拍手を送りたいと話してくれた。また、この奮闘ぶりは地域の人たちに勇気を与えてくれたのではないかとも話してくれた。
その通りだとボクも考えている。
詳しいことはそのうちに書きます。
本日はこれにて。

良い1日だった。

コメントの投稿

非公開コメント

善戦に拍手編

御大のとおりですね。試合には負けましたが安打数、残塁数等の数字から相手を苦しめました。タラレバになりますが、そこそこタイムリーが出ていたら勝っていたでしょう。自責点0の相手から本塁打、相手バッテリーにとっては屈辱の三盗と積極策を随所に見せていただきました。
堂々と帰郷、3年生は今後の進路に部活動で鍛えた気力体力で社会に臨み、2、1年は新チームでの活躍に期待する次第です。春夏甲子園出場の伝統、今で言うブランド?が形成され発展が楽しみです。健在なうちに一晩何晩でも野球を肴に大人の談義をしたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 善戦に拍手編

元某大附系父母会事務局長さん

昨夜(12日)午後9時過ぎに自宅に到着。コメントの返信遅れ申し
訳ありません。

スコアボードを見ると右側にあるRHEの部分でHEは同じ数字です。
正直に言えば力の差はあったと思います。だからチャンスを作るので
すが「あと一本」がでない。それでも粘り強く守りコツコツと打って
ゆく姿勢がとても良く出ていました。

あの頃つまり顧問の頃監督と二人で
「いつもベスト8、ベスト4に顔を出せるようになれば」
甲子園出場は手にできると話していたことを思い出します。

元某大附系父母会事務局長さんのおっしゃるようなブランドではない
でしょうが「壁」を乗り越えたので、努力次第で甲子園は出場できる
機会は出てくるのでは亡いかと思います。

ぜひとも一杯やりましょう。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR