嘘八百

トマトという猫

 昨日、24時間の家出から帰ってきたトマト。
PC160277.jpg

おそらく寒い場所で一日を過ごしたのだろう。人に慣れていないトマトも今日は居間の温かい場所にズーッと寝ている。
 童謡ではありませんが「猫はこたつ(ストーブ前)で丸くなる」状態です。でも、車で走っているとあちこちに雪の中で失踪する猫に出遭う。もしかしたら猫って寒い場所が好きなのかなぁとも思っているのです。冬になるとたっぷりの毛が体を覆うから寒さには結構強いのかもしれませんネ。
 考えてみれば猫の発情期は寒い時期だったかなぁと思い出しているが思い出せない。
 それにしてもメンコイもんですね。


大雪です

 50㎝は超えただろうなぁ。今朝も轟音とともに村の除雪隊が道路を快適に走行できるように除雪をしてくれた。
 ところが、それから1時間もしないうちに雪は10㎝以上積もったのである。車で走ると車体の下が雪に触れてしまうのであります。
 我が家の除雪機も出して朝と夕方都合2回家の周りを除雪した。
 秋田は師走の大雪です。


嘘つき

 沖縄でオスプレイが墜落した。アメリカも政府も墜落とは絶対に言わない。「不時着」で済まそうとしている。
 沖縄の副知事が防衛副大臣の若宮と言う人に会った時の模様をニュースでチラッと見た時にボク例によってテレビに毒づいてしまった。その発言は
「墜落であれば勢いよく落ち、死亡事故になっていた。だから墜落ではない」
であった。さらに
「空を飛んでいたら多少の事故はあって、一人も死ななかったのは不幸中の幸いだ」
などと言ったと報じられている。
 不時着だって死亡事故がいくらでもあるべ!とボクは考えたのでバカヤローと言ってしまった。
 要するに政府は危険極まりない飛行機を墜落ではなく不時着だから安全だと言いたいだけなのだ。でも、オスプレイの事故は墜落そのものだ。

 こんな嘘つきの構造はアベシンゾー政権には当たり前の構造になっている。
例えば汚染水を垂れ流していながら「フクシマは安全です。排水処理は完全にコントロールされています」
例えば南スーダンは戦闘地域なのに「比較的安全です。戦闘ではなく衝突(だったかな?)が起きているだけです」
例えばIR法。「統合リゾートで集客ができる。カジノはたったの3%の敷地であるから・・・」
例えば「強行採決は考えたこともない」
例えば「丁寧に説明します」
例えば「アベノミクスは着々と・・」
 全部、嘘ばっか。嘘つきは泥棒の始まりと良く言われる。この人たちの利権や政治資金集めのパーティーなんかは泥棒そのものじゃないのかなぁと思ってしまう。つまり泥棒のような資金集めをしているから嘘つきってことになる。(ならないかな?)
 100回嘘をつけば本当になって・・・しまいません。嘘は嘘です。息を吐くように嘘をつく人たちを信じることはできないのであります。

 沖縄ばかりではなく本土にも進出してくるオスプレイの配備はやめるべきだ。

 と、言うわけで嘘八百男よやめてくれーーーーと願いつつ、今日も今日とてブツブツと。

    音も無く雪は降るって言うけれどズンズンズンと村には響く

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR