冬将軍襲来

寒い寒いそして・・・

 昨夜からの大荒れ模様が続いている。
 今日、職場に勤務の確認に行ってみた。その時の気温が何と言うことでしょう。車載の温度計がマイナス4℃。
P1110280.jpg

 帰り道は少し通り道をして平鹿町から雄物川町そして大森町を通って南外村まで帰ってきた。写真は平鹿町のR107を通過している時。
P1110279.jpg
ホワイトアウトになる寸前である。
 冬将軍がいよいよやってきた。しかも長逗留するらしい。まぁ、今の時期だからあきらめもつきます。

 ところがアマチュア無線のアンテナが風と着雪に翻弄されている。QUADアンテナに巻いた電線の状態がおかしいなぁと思って見上げたら電柱の一部に引っかかっている。
 ヤバイッ。と、思い電柱に登り始めたら5段位上がったところで息が上がってしまった。と、言うよりも2年前に骨折した左膝付近がエイッと自分の身体を持ち上げるとビリッと痛む。だから中々上に行くことができない。
 電柱の下からは朝から我が家に来ていた、とわちゃんとわかちゃんが電柱に登っているジジを見て
「ジジ、救急車呼ばなければダメだから・・・」
「大丈夫・・・・」
と叫んでいる。ジジバカの勇姿を見ているのではなく心配しているのであった。
 何とか引っかかっている電線は外したが息は切れる、腕はクタクタ、足はガクガク。アンテナの形は何とか整ったようだが、この冬うまく乗り越えられるか・・・・。やはり、QUADアンテナは手間がかかるってことですね。


 さっきのニュースでプロ野球ではセカンド滑り込みの時に走者がムダなスライディングをして野手を転倒させたりする場合のペナルティーを厳格にすると報じていた。
そりゃあそうだよなぁ。と、思った。よく解説者は
「ナイススライディング、ゲッツーを阻止しましたねぇ」
などと言っていた。
 しかし、このプレーはスライディングした選手に転ばされた内野手が致命的なケガをすることがある。事実、そんな事例があったはずだ。
 また、逆にスライディングしてきた走者がゲッツー阻止で送球を妨害しようとして両手を上げて滑り込んだりすることが良い走塁だなどと言われていたようなこともある。ところが、これは非常に危険な行為で二塁から一塁に転送されるボールが、走者が上げている手を直撃する可能性がある。もしかしたらゲッツー阻止のために上げている手を狙って送球することもあるだろう。
 今回は走者の危険なスライディングに対してのペナルティーのようだ。正しい判断だとボクは思う。

 ついでに書いておく。
 ボクは相撲が大好きである。今、初場所がおこなわれているので目が離せない。でもテレビ桟敷で見ながら、これはダメだなぁと長い間考えていることがある。
 それは。張り手である。
 立ち会いと同時に相手力士を張り手でバシッとたたく。うまく当たると(?)脳しんとうである。
 張り差しというのもある。これは横綱白鵬などがよく使う「手」である。ボク個人としては実に見苦しい技だなぁと思う。あるいは取り組みの間中お互いに張り合いをしていることもある。これも見苦しいとボクはいつも思っている。こんなのは力道山で終わったとボクは思うのだが・・・・。
 大相撲で「張り手」に関した技を「禁じ手」とすることはないんだろうか。と、言うよりも禁じ手にすべきだと思う。


臨時保育園

 とわちゃんとわかちゃんが2日連続我が家に遊びに来ている。臨時保育園である。ジジバカ冥利ですねぇ。
P1110285.jpg
二人が頭に乗せているのは皿回し用の皿である。
 ジジの指導のおかげでとわちゃんは皿回し名人、かなり上手になった。大道芸人の道を歩み始めている。
 明日も来るのだがこの寒さだ。1日何をやって遊ぶのか・・・・。

と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

   なぜ揺れる?地震学ってのがあるんです予測できたら有り難いけど

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR