「入浴マナー」とは

寒くなりました

 ここ2日ほど温かかったが昨夜から強くて寒い北風と雪が降った。今日の気温は上がらずほとんど氷点下付近で推移したような感じである。
 我が家の野良猫トマトも春を感じているらしく外に出たくて仕方ないらしい。今朝もチョイと出かけようとしたようだ。
P2180277_20170218222954323.jpg
左側の小さな足跡がトマトのもの。一度は出たものの、やはりダメだと思ったらしくすぐに帰ってきた。やはり猫はネコである。それでも彼女にとって春は近いようだ。動物的カンですね。


マナー?!

 本店の社長が良く言うことがある。それは温泉や大衆浴場に入るときにはマナーが大切だよなぁと言うことである。湯船に入る前には下半身をしっかりと洗って入らなければいかんぜよとしみじみと語るのである。

 そこで、ちょっと遅くなったが2017.1.20付の秋田魁新報の投稿欄に下のような記事が掲載された。
無題065
この投稿した方が本店の社長ではない。ボクの知らない人である。
 ただ、この投稿した人が文章の中に書いている「先輩」の言葉が本店の社長が話すことにつながるのである。

 ところで、ボクの父はお寺の生まれである。ボクが子どものころのこと。父の実家のお寺に遊びに行って風呂に入ったときに風呂場に短冊があったことを思い出す。
それは

「百人風呂に入ろうとも、たきたてのごとし」

百人だったか千人だった細かいところは違うかもしれないがだいたいこんな感じだった。今でも内容を忘れないから強く印象に残っている。自分のことも含めて結局、温泉もこんな感覚を持っていなければ入る資格無しかもしれない。と、思ったりする。
 入浴マナー。日本人の日本人たる部分ですね。落語にも風呂のことが出てくる噺がいろいろとある。風呂は社会の縮図であり人生を教えるところだということがわかります。
 風呂場のマナーは教育勅語なんかよりも百倍いや千倍も大切なことだろう。


今日も200歩は歩かなかったなぁ。一日中、録り溜めていたDVDをまとめていた。古いビデオテープを2本DVDにしてテープは捨てることにした。そして、テレビ番組(まんが日本昔ばなし)を70回分ほどをまとめたのであります。
夕方からは一杯呑んでオロオロしています。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

    「百人が入浴しても新湯なり」教育勅語より絶対イイネ

コメントの投稿

非公開コメント

マナー

パパも読みました、この投稿。
入る前にはお湯だけで無く、キチンと石鹸で洗うべきですね。
近くの温泉にたまに行くが、時間帯によって色々な人が居る。
出る前に自分の歩く場所を流す人もいる。
シャンプーの泡をそのままにして、湯船に行く人も。
サウナから出てきて、汗一杯の体で、水風呂にドブンと。
マアーこれがサウナに入る、醍醐味なのだろうけど。
病気をしたパパは、ツイツイ体への影響を考えてしまうのです。
幸せ一杯、汗一杯。故島倉千代子風にね。!!

さる時、本荘地区の道の駅にて入った時に、
爺さんにタオルの滴を一滴湯船に落としただけで、
小言を言われた経験が有る。!!

Re: マナー

パパさん

この魁の投稿を読んでいましたか。

風呂屋に行くといろいろな人がいますねぇ。でも、この投稿の人
はマナー違反の人に「ダメだべ」とはっきり言っているとのこと。
勇気のいることでしょうが今はいなくなったので貴重な存在かも
しれません。

やはり、最低のマナーだけは守るようにしないとイカンゼヨの気持
ちが大切ですね。

落語にもありますが勝手にお湯をぬるくしたり他人にお湯をかけた
りするのは御法度だったようです。その教えが銭湯がなくなってか
ら廃れてしまったんでしょうね。

温泉好きの日本人だからこそ、今一度守らなければいけないかもし
れないと思いますが・・・。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR