やくみつる氏に納得


ヒマワリの種

 先日、あるブログを見ていたらヒマワリの種のことを書いていた。ヒマワリの種を食べていると豊かな時間が過ぎてゆくと言うのである。
 ウーム確かにその通りである。ミーハーのボクは早速ネットで検索して取り寄せたのであります。これをカリッとかじり中から実を取り出して食べていると、そのムダな積み重ねが何ともゆったりして良いのであります。
 好天の日には口に20粒ほど放り込んで外に出る。そして、舌で種をうまく調整して口中で一個ずつやりくりして種を取り出す。そして殻をプッと吹き出す。メジャーリーグのベンチにいるような気分になるのであります。ハイ。

   ヒマワリの種を一口頬ばってプイッと吹き出しメジャー気分に


敗戦国でいいじゃない

 昨夜、一杯飲みながらテレビを見ていた。最近、我が家のオッカアがボクに言う文句が定型になってきた。
「テレビ見ながらテレビさ文句言うな!」
まったくそうだと思う。でも、テレビは文句を言い返さないからボクのような臆病者にとって恰好のうっぷん晴らしの対象である。別名老化現象ですが・・・。
 そのはけ口がYGであったり、高校野球の帽子であったり、安倍なんとか首相であったり、橋下某・・・・などあったり、原発であったり・・・。いくらでもあるなぁ。

 さて、本題。昨夜のテレビタックルで漫画家のやくみつる氏が話した内容が見事だった。彼の潔さにただのクイズ好きの人ではないなぁ、と見直した。話した内容がうろ覚えなのであらためて録画されている画面を見て書き起こしてみる。

『(以前私が)中国に謝って謝って中国の属国になってもいいと発言した時に国がなくなっちゃうんじゃないかとどなたかおっしゃってたんですよね。
じゃあ、その国とは何だろう。その時に国を護らなければいけないじゃないかと言う「国」って言うのは為政者のための国というか為政者が為政者であり続けるための空間という意味での「国」ですよね。為政者のために命を落とすなんて真っ平御免の助ですね』

日本が侵略戦争に突入して死にたくなくても死んでいった多くの兵士がいる。最近はそのことを美化する政治家ばかりになってきたような気がする。
 日本は敗戦国なのだ。国連では戦後一貫して日本を敗戦国として扱っている。当然のことだと思う。よく自虐史観だと言う人がいるのだが日本が侵略したことは明らかなのだ。いつまで謝らなければいけないのかと言う人もいる。いつまでも謝らなければいけないとボクは思う。
 だから、やくみつる氏の話すことは鋭く納得するのです。


とわちゃん。久しぶりの登場。彼女の家の近くを奥羽線が走っている。夕方、2人で電車を見に行った。すると少し遠くで見ているのだが電車が怖いようだ。電車が通ったらしがみついてくる。それでもジジに電車を見せたいようで周りが暗くなるまで陸橋の近くで電車を待っている。ジジが根負けしてカムバックホームでした。次は電車を2台見るまでねばることにしよう。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR