漫画『土崎空襲のはなし はなますはみた』

タニウツギ

 2~3日通勤路を通っていなくて久しぶりに車を走らせると、アレッと気づくほど道端の景色が変わっている。例えば雄物川の水がかなり減っていること。例えば道の両側に咲く花が変化しているとか。今日はタニウツギが満開になりつつあることに気づいた。
P5230282.jpg
以前も書いたことがあるが、桜の花と見間違ってしまうのである。
家人が言う。
「遅い季節の桜が咲いだなぁ」
「ンだなぁ」

   この花は桜ですかと問う人に「そうかもね」と言うタニウツギなり

アベシンゾーの嘘よりもいいでしょう。


土崎空襲の話

 先日、組合の大会に出かけての昼休み。何冊かの本が売れられていた。その中に『はまなすのはな』という漫画があった。1945年8月14日に秋田市土崎を襲った米軍の空襲の話である。
P5230283_0000.jpg

 漫画は土崎空襲に遭った何人かの体験を聞き書きしたことを漫画にした内容である。記録として次のようなことが書かれている。
『1945年8月14日 22時30分~ 15日3時30分ころまで
 100キロ爆弾 7360発 50キロ爆弾 4687発
 死者 250人以上  負傷者 200人以上 』
土崎には日石製油所があったのでねらわれたとのこと。
 これだけ多量の爆弾が落とされて死者負傷者がこれだけだったのは幸いかもしれない。しかし、8月15日には敗戦の日になった。ムダな被害だったとしか言いようがない。

 たまたま、次の日に秋田市の短歌大会からの帰り道。短歌の仲間のおばあちゃんを車に乗せて帰ってきた。昭和5年生まれとのこと。
 昭和20年ころ(1945年)には女学校に在籍していたそうだ。ところが、その頃は勤労動員で勉強なんかろくにしなかったという。そして、ある日六郷町に飛行場を作ると言うことで勤労動員をかけられて出かけていた。そこには小学生もたくさん集まっていたとのこと。おばあちゃんの話では
「小学生まで集めるようでは・・・・」
と、語る。
 皆で働いていると奥羽山脈の方からグラマンが三機突然現れて作業している場所に向かってきたそうだ。大変だぁ。逃げろーー。と、なったが逃げ場所がない。木の陰に行きたいがダメ。作業現場は大混乱だったがグラマンは攻撃しないで飛び去った。
 あんなにオッカネガッタことはねがった。と、話してくれた。

 そうそう、もう一つ話してくれた。年齢が20歳前の兄さんがいた。兄さんは少年特攻隊に入ると言って親を必死になって説得したとのこと。それは国に尽くすという気持ちもあっただろうが、周囲の若者たちの多くが志願していったことにもあったべなぁ。ンダドモその志願した人たちは皆死んでしまったなぁと話してくれた。
 そのことを知っている母親は絶対にダメだ。もしも特攻隊に行けば兄は必ず死ぬ。だから兄さんが申込書を持ってきても絶対に判子をつかなかったという。そのうちに終戦になったと。
 私は月並みな感想だが母親の勇気と愛だなぁと思った。そんな話がもしも周りに伝わったら間違いなく治安維持法でしょっ引かれただろうとも思った。

 終戦間際になっても政府は国民に戦況を伝えることもなく大本営発表では勝っていると嘘ばかりついた。その結果、軍人で230万人、民間人で80万人を超える日本人が亡くなった。

 今日、衆院では共謀罪が通過した。秘密保護法、戦争法そして治安維持法の再来と言われる共謀罪。ひたひたと戦争の足音が聞こえてくるような気がしてならない。

 『はまなすはみた』には当時の人たちの見た空襲の怖さ。当時の人たちの勇気そして感じ方などが読み取れる。前編カラーの漫画の中に戦争の悲惨さをおどろおどろしい内容ではなく書き込まれている。
 土崎空襲の夜。燃え上がった真っ赤な空は直線距離にして50キロ近くも離れた神宮寺や南外からも見えたという。

 少し話は変わるが1958年(昭和33年)2月11日の夜に秋田県でもオーロラが見えた。断定的に書いたがその頃小学五年生だった私は見ることができなかった。オーロラ観測の記録から拾ったのです。ハイ。
 同級生は午後8時過ぎに外に出たときに北の空が赤くなっているのを見たと言う。その頃は何とも思わなかったが、その後その赤い空の現象はオーロラだと知ってとてもうらやましかった。今でも残念だったなぁと思っている。それはともかくとして同級生は
「家の人が、土崎の空襲みたいだなぁと言ってたよ」
それだけ土崎空襲の記憶は人々の心にしみ込んでいたと言えよう。

歴史の経験を活かそうとしないアベシンゾー政権。ダメですね。漫画からアベシンゾーにたどりついてしまった。

 これにて本日のブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

茹でガエル編

お晩です。法案衆議院通過し、いよいよ参議院で審議ですね。与党組は審議を尽くしたし説明責任を果たして行くなんて維新の議員が語ってましたね。成立すると、こんなLineのやりとりも引っ張らる対象ですね。秋田某区選出の立派な法務大臣が紋切り語ってましたが正にオラがの先生がです。
関心を持ってないと役人官僚の企みで年金制度みたいにやられてしまいます。気が付いたときは既に遅し制度されます。平民一族はじわりと茹で蛙🐸状態で有ります。

Re: 茹でガエル編

元某大附系野球部父母会事務局長さん

コメント感謝です。
共謀罪、とおってしまいました。
このままではLINEのやりとりも、このコメント欄もみな共
謀罪でつかまってしまう可能性があります。

国民は、余計なことには関わらないようになり住みにくい世の
中になると思います。

それが元某大附系野球部父母会事務局長さんのいうようにジワ
ジワと茹でガエルのように国民を締め上げてゆくことになるで
しょうね。

絶対に反対の意思は貫きたいと思っています。

空襲とオーロラ

4歳と半年と言う事になりますね。あの夜の様子が思い出されます。
隣の家の人達と母親達が、布団を被り外に出ていた事をです。
手形山の向こうが、赤く見えていた事もです。
その時は後で聞いた話ですが、村の道路は市内からの避難して着た人達で一杯であったと。

オーロラの話ですが、映画を見た帰りに、そのオーロラを見ました。
あの時は能代の大火の赤だとか、言って居ました。
私は気持ちが悪かったので、時々北の方を見て帰って来ました。
ピンク色でした。
IGY 地球観測年。SSNが上がって、50メガでは連日USAと、
QSOが出来ていた。しかも軒先の5エレ位の八木でした。

Re: 空襲とオーロラ

パパさん

4歳半と言えば,我が家のわかちゃんと同年代。強烈な記憶は
残っている年代ですね。パパさんの家の向こうが土崎ですから、
真っ赤な空が見えていたことを憶えているんですね。
そして、命からがら逃げてくる人たちの話も聞いておられたと
のこと。まったくひどい話です。

あの時のオーロラと遭遇していたのですか。それは貴重な天体
現象を見たパパさんがうらやましいです。パパさんは高校生の
頃だったと思います。
と、言うことはこの頃からアマチュア無線をやっておられたと
言うことですね。伝播(電波)の世界でも貴重な経験をされた
こともうらやましいです。

貴重なコメントありがとうございます。

オーロラ

IGY以降にパパの書き込み不足が有ります。
高1ですね。オーロラは、あの時は同級生と映画を、
見ての帰り道でした。赤沼を抜けてから、谷内佐渡までは、
一本道で、家が無かったです。
能代の大火の話を聞いたものですから、気持ちが悪くて時々、
北の空を見たのでした。それから50メガの話は市内の先輩の、
話です。パパの開局は昭和34年10月でした。

オーロラ

パパさん

了解です。
怖かったとしてもオーロラを見た事実はうらやましいの一言。
高一だったとのことですから、私の記憶の時代とピタリと合
っています。
能代の大火を思い出させる。南外では土崎空襲を思い出した
と言われています。要するに北を見ていて、それぞれの燃え
る記憶をよみがえらせたのだと思います。

50メガの記憶も了解です。ってことは58年目になりますね。
すごいです。大OMです。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR