マナーの悪さ

真夏日連続

 30℃を超える天気が続いている。先日のブログに掲載した蓮の咲く田んぼを今朝も写してみた。
P7200286.jpg


ベスト4出そろう

 今日の準々決勝2試合終了でベスト4が決まった。明桜-大曲工、秋田-金足農となった。明日は健康管理日として休養日となる。明後日は球場へ行ってみようかなぁと思っているが・・・・。


高校野球で気になった件

 仕事のために試合はほとんで見ることはできない。それでも朝日テレビ系でのこまちスタジアムの試合は放映されるのでチラチラと見ていて気になることを書いておきたい。
 それはマナーの問題である。
 まずはセカンドランナーがバッターにコースなどをサインを出して教えていることである。これは10年以上前に高校野球として「やめること」が指示されている。M高校の試合では相手チームから2回ほど抗議されて主審がベンチに注意に行った場面を映っていた。
 もう一点は、これもM高校だが打者の内角近くにボールが来たときにスッと肘を出してエルボーガードにボールを当てようとするのである。つまり、デットボールを誘おうとしているのだ。するとその時がきたのである。ある選手のエルボーガードにガツンと投手の投じたボールが当たったのである。主審は「ストライク」をコール。すると、この選手はストライクのコールに一瞬ムカッとした態度を示した。しかし、審判員は冷静にエルボーガードを指さしてつきだしていると指摘。明らかに肘を突き出しているのを審判は見ていたのである。つまり、その打者はストライクゾーンに来ているボールに肘を出したのだ。
 これもエルボーガードの問題だがエルボーガードの締めヒモを長くヒラヒラさせて出てくるのがとても気になった。申し訳ないがこれもMチーム。デットボールを呼び込むためなのかと思ったが審判員が注意もしないのも気になった。。
 
 久しぶりにマナー的(ヘンな言い方だが)に田舎チームの野球を見た思いがした。「やった者勝ち」のマナーの悪さは絶対にダメだと思う。結局は指導者の考え方かもしれないがマナーをしっかりすることから始めるべきだと思う。
 審判員は忙しい中で努力してくれている。これはとてもありがたいことだ。審判員の皆様は野球を愛するからこそボランティアでやってくれていると思う。
 高校生諸君の野球マナーについてもぜひ指導してもらえればナァ。


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

    ダメだなぁ野球を見ずにマナー見る高校野球は心のゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

マナー

かつて指導者としての、見方ですね。
パパは漫然として結果だけの、勝ち負けを見ているだけです。
そんなマナーで、もしも勝って甲子園に出ていけば、
秋田の高校野球のレベルが、全国に知られる訳だから、
次回からの、観戦ではそれらの点を注意をして見ます。

ジャンゴタロ

パパさん

勝ち負けだけでなくマナーの部分はとても大事だと
いつも思っています。
バットをたたきつけたりヘルメットを投げつけたり
ブログに書いた内容などを選手は止めるべきです。
そして、それは指導者が練習を通して指導すべき事
なのです。

つまり、そんなことを平気でやるチームが甲子園に
でるとジャンゴタロそのものになるわけですねぇ。

次ぎの試合からはその辺の選手の動きも見て下され
ば興味深いと思います。

がんばれ大曲工業!
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR