東京五輪の魔力

 テレビでは四国九州や西日本での猛烈な寒波と雪を報じている。徳島に住む大河クンのお母さん(要するに姪っ子)から我が家のババ(要するにオバハン)にラインが届いた。
 雪が降っている写真である。徳島で雪ですからねぇ。ババは
「ホレ、見てみて」
2093.jpg
徳島でこれですからねぇ。雪の降ってる様子は秋田とほとんど変わりがない。もっとも雪の量は少ないんですけれどね。
 我が南外村は10㎝も積もったのだろうか。日中は気温はマイナスで真冬日だったが雲の中に太陽が見えるくらいだった。
P1110287.jpg

まずは、それほど荒れないことを願うだけである。


カヌー競技のドーピング

 カヌー競技の有力選手が仲間の選手のペットボトルにドーピング薬を入れたことが問題になっている。そのことについて朝日新聞の天声人語(2018.1.10付)と今朝(2018.1.11付)の社説には『個人の罪ですませるな』として報じている。
 いずれにしてもドーピング薬を混入させた男は間違いなく悪い。でも、それだけでいいのだろうか?という論点である。
 社説の結びには次のように書いている。
『人間である以上、ねたみやあせりがあってもおかしくない。名誉欲が競技力のアップにつながることもあるだろう。
だが競い合う仲間への敬意、そして競技に対する誠実な姿勢を欠いたところに、スポーツはなり立たない。「良き敗者」の存在は、ある意味で、勝者以上にスポーツの尊厳を高める』
 この「良き敗者」という言葉を思い出した。20年ほど前に野球部でまとめた冊子のタイトルにしていたのである。
P1110288.jpg
その頃は何を考えていたのか。
 野球は失敗のゲームと言うことができる。その失敗を乗り越えて初めて勝利もあるだろう。でも、勝利は難しい。結局、失敗や敗戦を乗り越えてどのように生きてゆくのかということに尽きる。勝利至上主義ではどうしようもないのだ。そんなことを考えていたのかもしれない。

そして、天声人語のまとめには次の文がある。
『思えば、きしみや歪みが目につく東京五輪である。招致活動に対する疑惑、エンブレムの盗作騒動、さらには競技場の工期を急ぐがゆえの過労自殺まであった。日本開催の魔力からIもう少し距離を置けないものか』

 まったくその通りだ。「招致活動に対する疑惑」につきる。アベシンゾーが言った
「フクシマの汚染水はコントロールされています」
の嘘は今でもはらわたが煮えくりかえる。

 踏みとどまる勇気、負けることの意義などなどいろいろなことを考えさせられる事件ではあります。今でもボクは東京五輪は返上すべきだと考えている。五輪の魔力に惑わされたくない。


高校野球タイブレーク導入について書こうと思ったが酔っ払ってしまいましたのでこれにてブログは終了です。

    軒先を通る風の音ジェット機の金属音だ飛ぶまいぞ屋根

コメントの投稿

非公開コメント

五輪

 生物は全て、生きるために競争し、他の生物をエサにする。人間だけは、「人間らしさ」という規範、つまり他の人間が嫌がることをすべきではないという行動のしばりに基づいて生きているはずである。しかし現実は全く逆で、あらゆる場面でトラブルを起こしている。
 スポーツの世界も然りである。大会の開会式で、選手宣誓が行われ、「スポーツマンシップに従い正々堂々と戦うことを誓う」ということは現実はその逆で、不正が行われていることを示していると言える。不正がなければ宣誓する必要はない。
 オリンピックは、誘致、開催、参加、実施のどの場面にも不正があると推定される。古代オリンピックでもそうだったとのこと。そんな悪事の塊ならいっそ廃止すればいいとすら思えてならない。

選手宣誓

町や空に さん

「人間らしさ」ということとは結局道徳的な規範を求める
ことなのかと思います。それが人間の大事な部分かもしれ
ません。その「たが」が外れたときにいろいろなトラブル
が起きるのでしょう。

競いあいを走ったり飛んだり泳いだりなりのゲームに適用
させて競いあいをしたのがスポーツなんでしょう。
そこにトラブルがあるからルールが設けられたのでしょう
がルールがあればやぶることを考え出すのが人間ですから
勝ち負けというものは根の深い問題をもっています。

ところで選手宣誓。日本人が好んで右手を上げるハイル・
ヒットラー式のは嫌いです。誰も気づかないのかなぁと選
手宣誓の場面を見る度に考えてしまいます。さすがに高校
野球の全国大会では見ることはありませんが・・・。

多くの矛盾を抱えたオリンピックは、もう止めてもいい時
代になっているかもしれません。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR