公人・私人?

猫の目天気

 今日は猛烈な吹雪になったり青空が出たりとクルクルと天気が変わった。
DSC_0598.jpg
それにしても道路の両側には雪の壁がそびえるようになってきた。
 先日、カーポートの雪おろしをしたので2回目はないのかなぁと思っていたが本日二度目の雪おろしをやった。仕事に行ってたので家族が雪おろしをしたとのこと。夕方、暗くなってから帰り周囲の雪を除雪機で飛ばす作業を一時間。
 昨夜、かなりの雨が降ったので雪の重いこと重いこと。除雪機が悲鳴をあげるほどだった。

 ところで、トイレに入って日めくりカレンダーを何気なく見た。すると今日は旧暦の12月30日だった。明日は旧暦の1月1日。つまり旧正月である。
 正月には「新春」とか「迎春」とか言われる。この「春」は旧暦の正月の言い方らしい。結構、旧暦(陰暦)は現在でも気候の変動には合っているような気がする。
 それは地球が水の惑星のためで、水の性質で急激に季節は変わらないことになるからと推測する。と、言うことでいよいよこれから「春」になるってことだろう。明日からは迎春になりたいものです。


メディアよ優先順位をまちがってませんか

 昨日(2018.2.14付)の朝日新聞のコラム『後藤正文の朝からロック』がおもしろかった。
 タレントの大竹まことさんの息子が大麻所持容疑で記者会見したことに触れている。大竹さんは自分はテレビなどに出ているから公人であるが息子は一般人だから私人であるので詳しいことは話さない。と、言ったとのこと。大竹さんが「公人」と言ったのはテレビなどに出ているからで、「公人」とは公務員とか議員などがあたるはずだと指摘する。
 コラムの中で後藤さんは社会的に影響のある人たちの覗き見趣味的なプライベートにメディアは食いつきすぎると疑問を呈している。
 そして、後藤さんは次のようにまとめている。

『(タレントなどのスキャンダルを大々的に報道する)一方で公務員を「秘書」としてつけてもらいながら「私人である」との理由で国会への参考人招致が実現されない人もいる。大竹さんのご家族の私生活よりほかに、つまびらかにされるべきことがあるのではないか』

同感である。アベシンゾーのヨメのアッキード。佐川元理財局長など国会に呼んで聞くべき人間が山ほどいる。そんな「公人」の体たらくこそ連日連夜報じてもらいたい。

 それにしても「働き方改革法案」を国会に提出しようといているアベシンゾー。国会でとうとうと述べていたデータがまったく嘘八百だったことがわかり陳謝し発言を取り消した。
 平気で嘘をつくことを自ら立証したようなものだ。早くやめてくれ。


本日のブログはこれにて終了です。

    七年目母と話せぬようになり手を合わせたり二月十二日

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR