煮干しの解剖

宮城県へ

 今朝、6時半頃に宮城に向けて出発。『東北たのしい授業フェスティバル2018』に参加するためである。午前10時から始まるのでそれまでに間に合うようにたどり着いた。

 宮城の気温は22℃前後。外に出ると少し肌寒い感じがする。
 会場は多賀城の市民活動サポートセンター。いろいろな講座が開催されているが本日は『粒子と結晶』に出た。実際の授業でつかわせる問題などを参加者と一緒に考えながら話し合う。
 例えば次のような問題です。実際の問題から少し変えていますが・・・

グラニュー糖を顕微鏡で見たら「結晶」が見えるでしょうか。
  ア、見える
  イ、見えない
さぁ、どっちでしょうか?

 いろいろな教材も販売されている。また、簡単な実験や物づくりもある。その中で『煮干しの解剖』をちょっと体験してみた。煮干しを半分に割ったり内臓をむしったりしながら煮干しの身体を部位ごとに分けてゆく。そして、臓器を紙に貼り付ける。
 その結果が下の通り。
P8060322.jpg

解剖して片っ端から煮干しを食べながら脳、胃、肝臓、卵巣(精巣)などを探してゆく。
 楽しかったです。


また、明日も講座があり楽しめます。と、言うわけで本日はこれにて終了です。  
 

コメントの投稿

非公開コメント

毎日見ているのに

毎日の味噌汁の出汁に昆布と一緒に使用しています。
水晶体、は解りますが、胃や肝臓はこれから見て見ます。

煮干しを食べながら

パパさん

毎日、見ているようですが良く見るといろいろなことが
見えてくるのが不思議だなぁと思っていました。
生の魚だと解剖も面倒だし嫌だと感じるのでしょうが、
煮干しだとパリパリと開きますからおもしろいです。

ぜひ、煮干しを食べながら粉々にして色々な部位を探し
て下さい。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR