臨時国会

冬型ですね

 夕方の天気予報を見ていたら日本海側は雨模様で太平洋側は晴れになっている。まだ雪は降らないだろうが冬型になってきました。いや、みぞれ程度の初雪はあるかもしれないなぁ。時雨模様でちょっと晴れ間があったのでチラッと外に出てみた。
PA290338.jpg
空は寒々としている。
すぐ近くには小さな花が咲いている。
PA290339.jpg


やっぱりアベシンゾーはダメだ

 臨時国会が始まった。昨日の施政方針演説に対して代表質問があるとのことでテレビの前で楽しみにしていた。すると何と言うことでしょう。午後1時になっても始まらない。
 あのタカイチサナエという女が議院運営委員会の委員長になったとのことで,突然エラそうに「議会改革案」を出してきたとのこと。内容は簡単に言えば「ペーパーレス化や衆院本会議での押しボタン式投票導入、野党の提出した議案は後回しで審議」などを書いているらしい。それについて野党は反発。結局はタカイチサナエが撤回することで本会議の会誌が45分も遅れた。まったくバカヤローである。
 代表質問は立憲民主党と自民党と国民民衆党。3人がたった。
 つっこみどころ満点は自民党から出て来たあの自衛隊日報隠蔽問題のイナダトモミである。内容は北朝鮮のように「マンセー、アベシンゾー」とだけしか聞き取れなかった。極めつけは
「民主主義の基本は我が国古来の伝統であり、敗戦後に連合国から教えられたものではありません」
と、話したことだ。アレレレ・・・。そうなんだぁ歴史も国会で話せば覆されるのかと笑ってしまった。こんな人が防衛大臣だったとは・・・。アブナイ日本である。

 立憲民衆党の枝野さんは憲法改正について
「総理が改憲の旗振りをするのは言語道断。憲法の本質は国民生活を守る為国家権力を縛ること。総理の勘違いは今に始まった事ではないが …総理、憲法とは何かを一から学びなおして下さい。」
とただした。
 それに対してアベシンゾーは憲法に関しては
「あえてここで自民党総裁として意見を」とニヤついて九条の改正について述べたはじめたのだ。世も末だ。と、思って聞いていた。

 ところが、午後7時のNHKニュースではこの「あえてここで自民党総裁として意見を」の部分を省略してアベシンゾーが滔々と述べた憲法改正の要点を流したのである。
 アベシンゾーは憲法を遵守する必要がある。それを憲法改悪の話を滔々と流しているNHK。視聴料がもったいないとつくづく考えてしまう。まぁそれでも「香川照之の昆虫大好き!」と「まんぷく」と「昭和元禄落語心中」でとりあえずモトはとれますが・・・。とれないか。

 そうそう、よくモリカケだけを追及する野党はもっと真剣に審議に取り組め。と、言う話をする人が多い。アベシンゾー大好きなネトウヨ系の人たちが洗脳されているのだと思う。
 でも、モリカケをしっかり審議しないのは嘘や誤魔化しで固めた政治の姿勢が正されないからしっかりやる必要があるのだ。もし、モリカケ問題をズルズルとなし崩しに逃げられると権力者は何をやってもいいってことになる。もっと言えば「カラスは白い」と言われたら国民は「そうだよなぁ」と思えってことになる。極論ですけれどね。
 それはともかくとして臨時国会。注目したい。モリカケ追及をバンバンやってくれ。そこから始まるのだ。

本日のブログはこれにて終了です。

    ほれぼれとなんと俺ってイケメンか鏡よお前は正直者よ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR