『華氏119』

宮城から帰省

 気候は西高東低である。塩竃にお世話になったのだが朝からドピーカン。宮城から岩手そして秋田へと高速道路を通ってきたが奥羽山脈に入った岩手県湯田にある錦秋湖SAでは曇り空になり山には雪がついている。
DSC_0717.jpg
夕方、我が家に無事に到着。

MOVIX仙台へ

 と、言うわけで好天の仙台。塩竃から東北線に乗り仙台へ。そして、地下鉄南北線で仙台から長町南にあるMOVIX仙台へマイケル・ムーア監督の『華氏119』を観に出かけた。
 地下鉄南北線で南方向には初めて乗る。スイカが有効なのでビッと入場できるのがいい。
PB240345.jpg
長町南駅には約10分で到着。
 ところがMOVIX仙台は見えるのだが朝早いので到着しない。つまり、入り口が見つからないのである。道行く人にたずねてなんとか入ることができた。
 そして、午前9時10分から始まったのが『華氏119』である。
PB240346.jpg
マイケル・ムーア監督の前作は『華氏911』だったが今回は『華氏119』。前回の「911」は数字がひっくり返っているのは15年ほど前にアメリカの貿易センタービルに飛行機が突っ込んだテロにまつわる内容だった。今回、数値が「119」とひっくり返っているのはアメリカのトランプ大統領が「まさかの当選」をした日を入れている。
 内容はトランプ大統領の登場によって世界はナチの時代に戻る可能性があるとの予測を含みながらのドキュメンタリーである。その独裁政権に対抗するために住民が立ち上がる姿などが描かれる。
 中でも教師がストライキを継続すること、高校生たちが大きなデモをする内容などを見ながらアメリカのデモクラシーの奥深さを知った気がする。
 くどくど言うよりも集会などがあれば出かけてシュプレヒコールをやったりして行動することがどれだけ大切かを思った。そして、せっかく持っている選挙権を国民の半数以上が放棄している時代を巧妙に利用しているアメリカも日本も含めて政治家たちを落選させなければ決して良い国にならないことも感じてきた。

本日はこれにてブログは終了です。


   少数の駆け昇る人に左側空けてるエスカレーター嫌だ
   一列に左に並び登りゆくエスカレーターの右側に乗る
   七人が座る電車の向かい席全員スマホにかじりついてる
   あの雲をボクは鯨と思うけど君はイルカかじゃあそれにしよう

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR